« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/25

ぷち遠征 の続き

 川沿いの道を上流に進むと、右手に良い感じのプールが見えてきました。水量はやや多めな感じですが、緩い流れを狙えばドライでも何とか釣りにはなりそうです。ちょうどクルマを停められるスペースがあったので、コンビニおにぎりをほおばりながら「ライズしないかなぁー」と眺めていると、流れ込みから続く流心の流速が弱くなるあたりで「パシッ!」。
20060423yamame
 ライズの主は小振りながらも黒点の少ないきれいなヤマメ。このヤマメ、最初に流した#14アダムスパラシュートには反応せず、フライを#16フローティングニンフに変えたら一発で食ってきました。パラシュートにはスレてるのかな?この日は見かけませんでしたが、フライの人も結構入ってるんでしょうね。
 
 このあと上流まで一通りポイントを見てまわったところ、渓相は非常に良い感じなんですが、水量が多めでドライで釣り上がるのはちょっと厳しそうだったので、おじさんが言っていたダムを探してみることにしました。
 それらしい砂防ダムを見つけ、道路の上から流れ込み付近を見下ろすと、なんと、小さく見積もっても25センチ以上はあるヤマメが複数ライズしています!急な斜面を勇んで駆け下りましたが、後ろは急斜面、足元はそのまま水中に落ち込んでいて立ち込めず、上と左右には木の枝が張り出していて、キャストできるスペースがまったくありません。やむなく、何とか2メートルぐらい先に落としたフライを上流から流し込む戦法でトライ。しかし、意外に流れが複雑でなかなかドリフトが決まらず、30分ぐらい悪戦苦闘してようやくフライを食ってくれたと思ったら、なんと痛恨のすっぽ抜け!・・・やっぱり完全なダウンストリームだとフッキングが難しいなぁ。
20060423katakuri
 気を取り直し他にライズはないかとあたりを見回すと、対岸側のほとんど流れがない場所で、時折「ぽつ~ん」という静かなライズがあります。「なんとなくハヤっぽいけど、ああいうライズは以外に大きなイワナっだったりして・・・」と思ったら、頭の中に「・・・ダムの上さばでっけぇイワナもいるってらっけ・・・」というおじさんの言葉がよみがえってきました。
 こうなると自分の目で見て正体を確認しないと気が済まないのが釣り人の性。上流に回りこんで増水気味の流れを渡渉し、ライズがあったあたりにそっと近づいていきました。すると・・・
 なんと、尺は優に超えていると思われる大きなイワナが、プールの真ん中に浮いているではありませんか!そいつは、一定の範囲をゆーっくりとクルージングしながら、先ほどと同じように時々静かなディンプルライズを繰り返しています。イワナまでの距離は10メートルぐらいで、警戒している様子はまったくなし。

 ・・・釣れるかもしれない。(ドキドキ

 結んだフライは、手持ちのフライの中で、直前に目に付いたカワゲラにイメージがいちばん近かった#16のCDCカディス。2投目ぐらいで、ちょうどイワナの進行方向の良い位置にフライが入り、それに気づいたイワナがスーっと近づいてきました。(ドキドキ
 フライとの距離がどんどん縮まり、「よし、食うぞ!」と思ったそのとき、そのイワナは、まるでフライが本物かどうかを確かめるように鼻先でフライを下から押し上げると、「ふんっ」という感じできびすを返し、プールの深みに消えていきました・・・(「ふんっ」ていう声が聞こえたような気がするのは・・・気のせいですね、きっと。)
 ・・・たぶん判断力が鈍ってたんでしょう。今思うと、ライズの形態やハッチの状況を考えれば、スペント系やフローティングニンフなんかのほうが良かったのかもしれません。あるいはティペットのサイズを落とすべきだったか・・・

 しばらくは呆然とイワナが消えた深みを眺めていましたが、そのあとは不思議と充実した気分でした。今日はこれで時間切れだけど、ハッチの状況や時間帯があえば、あのイワナに口を使わせるチャンスはあるかもしれない。たとえあのイワナが浮いていなくても、この渓相を釣りあがったら気持ちいいだろうなぁ・・・
 
 結局、釣果は最初の一尾だけでしたが、岩手にはまだまだ自分の知らない良い渓があることを知り、なんだか嬉しくなった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/24

ぷち遠征

 宮古のロッドビルダー大村さんから「閉伊川の某支流は連休前までが良い」という情報を入手。先週は雨の影響で大増水とのことだったので、「行くなら今週しかない」ということで、23日の日曜日、雪代が轟々と流れる閉伊川沿いを宮古方面へと向かいました。
 しかし、到着した目的の支流は水量がまだかなり多く、水温を計ってみると6度くらい。ちょっと竿を出してみましたが、ドライを流せるポイントがほとんどなく、フライへの反応もほとんどないような状況なので、思い切って川を変えることにしました。

20060423ktr
 目指したのは宮古と釜石の間で三陸海岸に直接流れ込む単独河川のうちの一つ。以前から某ガイドブックで見て一度行きたいと思っていた川ですが、盛岡から片道3時間ぐらいかかるので、単独日帰り釣行では二の足を踏む距離。なので今回が初釣行です。
 国道45号から川に沿って走る道に入り、しばらく行くとだんだん道が細くなります。途中の分かれ道で道を確認しようとクルマを停めて地図を見ていると、車外になにやら人の気配。顔をあげると、いかにも地元っぽいおじさんが窓の外でニコニコしています。

おじさん:「んめはん、どっから来た?」
 (あなたはどこからきましたか?)

私:「もりおがです。ざっこ釣りさ来たんだけど、川の上流さ行ぐのは、このみぢ右で良いのすか?」
 (盛岡です。魚釣りに来たのですが、川の上流に行くためには、この道を右に行けば良いのですか?)

おじさん:「んでね。そのみぢはそのさぎでいぎどまりだ。上流さ行ぐんだば左さ行げば良い。ずっと行ぐどダムがあってな、その下まではヤマベだんとも、ダムの上さばでっけぇイワナもいるってらっけ。」
 (そうではありません。その道はその先で行き止まりです。上流に行くのなら左に行けば良いです。ずっと行くとダムがあって、その下まではヤマメが釣れますが、ダムの上には大きなイワナもいるという話です。)

 というような会話を交わしたあと、親切なおじさんにお礼を述べ、期待に胸膨らませて一路上流へ!

 と、ここまで書いて眠くなってきたので、続きはまたあとで・・・
 (最近、1日釣りをすると翌日に疲れが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

佐藤成史FFスクール

 今年も、八幡平のペンション「クボタロッジ」にて、数々のFF関連の著書で有名な佐藤成史さんのスクールが6月10~11日に開催されます。(詳細はこちら。なお、読み応えのある佐藤さんのblogはこちら。)

20040530iwana2
 私も過去2年参加してますが、タイイングや実釣の技術的なレベルアップはもちろんのこと、雑誌には絶対載らないような裏技情報が聞けたり、日ごろ疑問に思ってる事を聞いてみたり、と、非常に身になることの多いスクールです。
 今年は宿泊無や1日のみのコースも設定されてますので、近隣在住の方も気軽に参加してみてはいかがでしょうか。
 私も今年は家族の都合で11日の日曜日しか参加できませんが、今からとても楽しみにしております。

(写真は、一昨年のスクールで佐藤さんが指示したポイントから出た尺イワナ。流れに乗って下ろうとしたところを佐藤さんにランディングしていただきました。ネットはshoさん作。写真もshoさんに撮って頂いたものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉

 15、16の週末は、いろいろ雑用が重なって釣行できず。16日の午後遅くに少し時間が空いたので、今期まだ一度も行っていなかった雫石方面の様子を見がてら、家族で葛根田川沿いにある玄武温泉に日帰り入浴に行ってきました。
20060416kkd
 写真が温泉前の流れ。当日は日中気温があまり上がらなかったせいなのかもしれませんが、水量は結構良い感じでした。本格的な雪代が始まるのはまだこれからなんでしょう。周辺の山にはまだ雪がたくさん残ってますから。
 それにしても、昨年も雪代が終わるのは例年に比べて遅かったんですが、このままだと今年はもっと遅くなるんじゃないでしょうか。盛岡の南側にある南昌山にもまだ雪が残ってるし、盛岡周辺は本格的なドライフライシーズンはまだ先のことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

望月さんのスクール

 4月8~9日の二日間、昨年に続き2回目となる「望月和美 湖のストリーマー実釣スクール」が開催されました。
 初日は御所湖、夜は大迫のホテルステイヒルに宿泊し、二日目は早池峰ダム、という日程でしたが、わたしはカミさんの仕事の都合で初日の夜から参加。いきなり宴会からのスタートとなりました。
 しかし、釣り仲間だけで泊まりで飲み会、というのは恐ろしいですね。私は朝の3時までは覚えてますが・・・
 望月さんもほとんど最後まで付き合ってくださって、フライパターンやタックルの話などでかなり盛り上がり、この宴会に参加しただけでも行った価値がありましたね。
 ところで、初日の状況を聞いたところ、この時期としては異例なくらいの雪が前夜から降り続いていたため、かなり厳しい状況だったようですが、葛巻から参加のOさんが、一人だけ本命のアメマスをキャッチしたそうです。あとで写真を見せてもらったら、よく太った良い魚でした。そのほかには、おなじみの“ギンザケ”が数本と、巨大な“ニゴイ”もあがったそうです。

20060409h
 続く二日目は朝から一日実釣。
 写真の通り、湖畔の日影にはまだ雪が残っており、先週ずっと寒かったせいもあると思いますが、時期的にはまだちょっと早いかな、という感じでした。小魚の姿もあまり見えませんでしたから。
 しかし、そんな状況でも最後の最後で45センチオーバーのレインボーを釣り上げてしまう望月さん、さすがですね、やっぱり。
 
 私?当然ボウズです。ただ、大きなアメマスが私のフライに反応を示したシーンが一回だけありました。結局口を使わせられなかったけど、今後の攻略の糸口はちょっとだけつかめたかな。
 望月さんからもたくさんヒントを貰ったし、湖のアメマス、少しまじめに狙ってみようかと思っています。


 でも、渓流も場所によってはそろそろいいシーズンだよねぇ。
 次の釣行はどっちに行こうかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

またまたS川!

20060401s1
4月1日の土曜日、またまた県南沿岸のS川に行ってしまいました。
先々週→ボウズ、先週→体調不良、と続いて、血中アブラビレ濃度が著しく低下していたので、少しでも魚の活性の高いところを目指してクルマを南東へ走らせてたら、結局ここまで来てしまった。
というのも、途中覗いた旧O迫町、旧M守村、T野市、S田町の川は、どこも先週の雪(雨?)の影響で増水してたので。

20060401nagumo
ここS川は、啓司さんも某F.F.誌に書いてた通り、虫達のハッチが内陸の川より半月~1ヶ月くらい早いんじゃないでしょうか。この日も、早春の定番であるユスリカのほか、昼前ぐらいからは#16位のオリーブグレーのコカゲロウ(シロハラ?)が結構出てましたし、#12~14位のベージュっぽいカゲロウ(たぶんナミヒラタ)の姿もチラホラ。
時折かなりの強風が吹きつける中、中流部のプールでは日中ずーっとライズが続いてました。

20060401yamame
ハッチの状況から見て、良型を狙うならたぶん瀬の中のスポットを釣り上がったほうが確率は高かったと思うけど、強風が上流から下流に向かって吹いてたので、この日はプールのライズに的を絞って一日遊んできました。
ライズをダウンクロスで狙うには、上流からの風はむしろ好都合だし。
盛期の釣り上がりも良いけど、プールで繰り返されるライズを前に、あーでもない、こーでもないと、いろいろなフライをとっかえひっかえする釣りも、またたまらなく楽しい!

ところで、この日のハッチの伏兵は、#18~20位の黒っぽいカディス。(ハッチ直後の羽はツヤのある濃いグレー。たぶんクロツツトビケラ?)
ハッチ直後はあまり飛び回らないので気が付きにくいんですが、ハッチしたアダルトは岸に向かって水面をジグザグに走るので、逆光状態で水面を見てると気が付きます。あとは足元にウジャウジャたかってたりすることも・・・

20060401iwana
コカゲロウのパターンにいまいち反応が悪くて最初は結構苦戦しましたが、このカディスに気が付いてからは、まあまあ納得の行く釣りができました。
今期初のイワナも出て、とりあえず血中アブラビレ濃度は平常値まで回復、かな?

さて、来週はいよいよ望月さんの湖スクールです。

・・・ストリーマー、全然巻いてないし(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »