« GWの記録 後編 | トップページ | 遠野の里川 »

2006/05/27

産女川

と書いて「うぶすめがわ」と読むそうです。
湯川さんや村田さんのエッセイにたびたび登場するし、ガイドブックなどにも良く載っているのでご存知の方も多いでしょう。

5月13日の晩に会社の関係で平泉の温泉で宴会があったので、翌14日、二日酔いが抜けた頃合を見はかっらて覗きに行ってみました。

結論から言うと「ボウズ」。うわさ通り堰堤は多いものの、渓相はなかなか。しかし、前日夜中にかけてかなり雨が降ったせいでしょうか、ハッチもライズもまったくなし・・・
途中覗いた支流ではミドリカワゲラや黄色っぽいメイフライも見かけたんですが・・・

20060514ohruri
ただ、季節の進行は盛岡周辺よりだいぶ進んでいて、周辺の植物や見かける鳥達は、ベスト・シーズンが近いことを物語っていました。(写真はオオルリ? コンデジでは望遠は厳しいですね。ピンぼけですいません。)

P.S.その後、イブニングに賭けて宮守のスプリングクリークに転戦したところ、こちらも田植え期に雨が降ったせいか泥濁り。なんとか底石が見えるトロ場で、ブユ(あるいはオドリバエかも?)にライズするヤマメを見つけてヒットさせたものの、痛恨のティペット切れ。・・・結局「ボウズ」でした。

|

« GWの記録 後編 | トップページ | 遠野の里川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/10262274

この記事へのトラックバック一覧です: 産女川:

« GWの記録 後編 | トップページ | 遠野の里川 »