« 雨の雫石水系 | トップページ | 佐藤成史FFスクール~執念の36cm! »

2006/06/06

安比川水系

6月4日(日)

会社の行事で前日は安比に宿泊。 とくれば、当然安比川水系に出撃!
会社の同僚二入と最初に向かったのは安比川本流。
まだ早いかな、と思ってたら、水量はだいぶ良い感じに落ち着いていました。雪代が落ちきるのももうすぐでしょう。
釣果の方は、同僚の一人が7寸くらいのイワナを一尾。私は三つ出て全部バラシ・・・ダメじゃん。

20060604iwana1次は旧浄法寺町内の両面護岸で堰堤だらけの支流。ここは上流部の牧場の影響で水質の富栄養化が進んでいるのか、この時期カディスが気持ち悪いくらいたくさんハッチします。雨の増水の後は本流差の大物が期待できるそうですが・・・このところ晴天続きだったせいか、釣れたのはこんなサイズのイワナばかり。最近放流したばかりなのか、水辺まで降りやすくなっている場所の前後の区間だけで同じようなサイズばかりが10匹以上は釣れました。

20060604f同僚の一人はここで帰宅しましたが、残るもう一人と、「もうちょっときれいな場所できれいな魚が釣りたいねぇ。」ということで、移動した先は大きな赤い鳥居が目印の小渓。最初に渡る橋から下を覗いたら、結構いいサイズの魚がたくさん見えて、散発ながらライズも確認できました。ただ、この辺はまだ少し護岸も目立つので、もう少し上流に移動することに。

20060604yamame1中流部の橋の脇にクルマを停め、同僚はそこから上流へ、自分は道路を下って下流から釣り上がりました。
入溪してすぐ、対岸の岸寄りのタルミから良型のイワナが飛び出し、その後もトロ瀬の開きからは写真のようなヤマメが飽きない程度に反応。キャスティングのスペースが取れなくてナチュラルドリフトが難しいポイントが多く、フライに思いっきりドラッグが掛かって警戒されたり、フライに出てもばらしてしまったり、ということも多かったんですが、そういう困難を乗り越えて手にした一尾は嬉しいものです。

20060604yamame2写真はこの日最大のヤマメ。ややヤセ気味なのにくわえ、うっそうとした木々に囲まれたポイントでフラッシュを使って撮影したので色も黒ずんで、ちょっと不健康に見えるかもしれませんが、実際にはもっときれいな色だったことをお断りしておきます。
ただ、全体にスリムな魚が多かったのも事実。フライへの反応はまずまずでしたが、魚体のコンディションが良くなるのはまだこれからかな、という感じがしました。

|

« 雨の雫石水系 | トップページ | 佐藤成史FFスクール~執念の36cm! »

コメント

ども、こんにちは。
Link完了しました、今後ともよろしくです!!

投稿: とくいち | 2006/06/10 15:24

こちらこそ、よろしくです!
盛岡周辺も良い感じになってきましたよ!

ちなみに、明日はあの佐藤成史さんのスクールに参加の予定です。

投稿: sawase | 2006/06/10 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/10422467

この記事へのトラックバック一覧です: 安比川水系:

« 雨の雫石水系 | トップページ | 佐藤成史FFスクール~執念の36cm! »