« 遠野の里川 | トップページ | 安比川水系 »

2006/06/06

雨の雫石水系

5月28日(日)
朝から雨がシトシト降っています。天気予報は1日中雨で、午後から雨脚が強くなるとのこと。しかし、土曜日は子どもの習い事やらなんやらが入っていて、今シーズンは基本的に日曜日しか出撃できません。
というわけで、この程度の雨で萎えているわけにも行かないので、雨脚が強くならないうちに家を出ることにしました。

そろそろ雫石水系も良くなっているのでは、という期待を胸に、最初に向かったのは葛根田川。
しかし、矢筈橋から望む流れは、まだ青白い雪代がごうごうと流れていました。
・・・とっとと移動。

次に向かったのは、すぐ近くの両面護岸の支流。
ここもまだ水量が多めで、釣り支度をしている間に声をかけてきた地元の軽トラのおじさんの話によると、今年はまだ釣れていないとのこと。
ただ、橋の近くをツバメが多数飛び交っていて、これはハッチが始まれば期待できるかも・・・
と、護岸を降りてプールの前後を叩いてみましたがまったく反応なし。
プールをしばらく観察しても、ハッチもライズも始まる気配なし・・・
・・・次へ移動!

今度は志戸前川。例年早い時期に魚が入っている上流部の浅いトロ瀬に行ってみると、水量はだいぶ落ち着いているものの、水色はまだやや青みがかっています。水温を計ると9℃しかありません。
まだ早いかなぁ、と思いながら岸寄りの浅場にフライを落としたら、数投目でガバッと出ました。が、すっぽ抜け・・・
結構いいサイズのイワナでした。
しかし、反応があったのはそれっきり。だいたい、水辺に虫っ気が全然無いんだもの。
・・・またまた移動。

20060528iwana1次は御所湖の南側に流れ込む支流のそのまた支流の小渓。
ここはちょうど良い感じの水量で、オドリバエらしき虫の姿もチラホラ。フライを流してみると、期待通りまあまあ良いサイズのイワナとヤマメが反応してくれました。写真は倒木の陰から飛び出したイワナ。

20060528yamame1こちらは張り出した枝の下のトロ瀬の流芯から引きずり出したヤマメ。

ただ、思ったほど反応が良いわけではなく、盛期に良形が着いてるポイントでは全然反応が無くてちょっと消化不良。・・・というわけでさらに移動。


次は、さらに奥の方のもっと小さな溪。ここはイワナメインかと思いきや、結構奥まで溪の規模に似あわない良いサイズのヤマメも入っていて、渇水期のどピーカンはさすがに厳しいですが、こういう天気の時は期待出来ます。
しかも、この日はフックサイズにして#14~12くらいのオレンジがかった黄色っぽいメイフライが断続的にハッチしていました。オオマダラにしては少し小振りですが、見た感じはマダラカゲロウの仲間のようです。
・・・しとしと降る雨、中型マダラカゲロウの断続的なハッチ、とくれば、これで釣れない訳がありません。
案の定、入溪してすぐに26cmくらいのきれいなヤマメが#14EHカディスに鋭く反応しました。(写真は撮り損ねちゃった。) このヤマメ、マダラカゲロウを意識したパラシュートパターンには直前でUターン。目先を変えようとカディスに変更したら一発で食ってきました。
20060528potそのあとも、20~23cmくらいのヤマメがEHカディスにたくさん反応してくれました。面白かったのは、パラシュートに戻すと途端に反応が悪くなったこと。前述のマダラカゲロウが水面にからむ様子がEHカディスに似ていたのか、あるいは最近誰かがパラシュートで釣りをしたばかりなのかもしれませんね。

この辺で雨脚が強くなり始めたので、クルマのハッチバックの下で雨宿りをしながら遅い昼飯。雨の日は身体が冷えがちなので、写真のようなストーブで湯を沸かし、カップラーメンやコーヒーで身体を温めるとだいぶなごみます。

20060528yamame2しばしの休憩後、雨脚は強くも弱くもならないようなので、今度は下流側の木々に覆われた区間に入系。この辺はさっきまでの開けた区間とは異なり、岸寄りのタルミや巻き返しには、サイズは7寸ぐらいがアベレージでしたがイワナも結構入っていました。
しかし、流芯付近を流すと写真のようなヤマメが鋭く飛び出して、小気味良い引きを伝えてくれます。


20060528yamame3この日は、雨による若干の増水もあってか、ヤマメたちは小さな流れを生き生きと泳ぎまわっている感じがしました。

雨の日の釣り、結構好きです。

|

« 遠野の里川 | トップページ | 安比川水系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/10416961

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の雫石水系:

« 遠野の里川 | トップページ | 安比川水系 »