« 西和賀の小渓 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2006/07/09

恵みの雨

7月2日

雪代が終わってからというもの、梅雨入り後も雨らしい雨が降らず、渓はあっという間に渇水状態。
6月最終週の週末にかけてようやくまとまった雨が降り、これはチャンスとばかりに、小雨がそぼ降るなか早朝からスクール・リバーへと向かいました。

案の定活性は高く、最初のプールでは中型のイワナ達が複数ライズしていました。しかし、こいつらは相当スレてるようで、黒っぽい小さなフライにしか反応しません。しかも出た魚は全部すっぽ抜け・・・
さすが人気河川の人気ポイント、一筋縄では行きませんねぇ。

そんな状態だったので、このプールは早々に見切りをつけ、上流の瀬を釣りあがることにしました。
フライをEHカディスの#12に交換し、瀬の開きから探り始めて数投目、瀬の頭の落ち込みのスジにフライを入れたとき、突然でかい頭が“ごぼっ”と水面を割りました。しかし反射的に跳ね上げたロッドに手応えはなし・・・
「で、でかい・・・」
思わず独り言を口にしてしまうくらい、かなりでかかったです。もしかすると、スクールの時に佐藤さんの2487フックをひん曲げていったやつかもしれません。その後、間を置いていろいろなフライを流してみましたが、結局それ以上の反応は得られませんでした。とほほ。

20060702iwana1
これでリズムが崩れてしまったのか、次のプールまで釣り上がる間に出たやつは全部かけ損ねてしまいました。まあ、大型ねらいでハードシェル・アント・パラシュートの#10、なんていうフライを使っていたせいもあるかもしれませんが。
で、そのプールでライズしてた写真のイワナがようやくフライをしっかりくわえてくれて、ここでようやく一安心。
しかし、さっきでかいヤツをかけ損ねてしまっているので、サイズ的には全然納得できません。
だんだん雨脚も強くなってきたこともあり、今思えば気が焦っていたんでしょう。
その後さらに上流に釣り上がる間にも、かなりの数をかけ損ねてしまいました。

20060702iwana2_3そんな状況のまま帰らなきゃいけない時間をむかえ、もう一流ししたらやめよう・・・、と未練がましくキャストを続けていたら、普段は見落としてしまいそうな岸寄りのタルミで、フライが視界から“ふっ”と消えて・・・
「えっ?」
とっさにロッドを立てると、さっきのイワナとは明らかに違うズシリとした手応え。寄せてくる間、頭の中では「尺?尺?」という言葉が駆け巡り(もしかすると独り言を言ってたかもしれません。ばかですね。)、ランディング後、早速メジャーをあててみると、きっかり30センチありました。

20060702iwana3「おぉー、尺あるじゃん!」と、またしても独り言。厳密には尺には3ミリ足りませんが、まあ大目に見てやってください。
結構良い顔してるでしょ?

|

« 西和賀の小渓 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

コメント

こんばんは。
流石ですね、良い岩魚です!!

投稿: とくいち | 2006/07/19 00:51

とくいちさん、どうもです。
流石なのは、岩手の溪とイワナ達ですよ。

投稿: sawase | 2006/07/19 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/10856536

この記事へのトラックバック一覧です: 恵みの雨:

« 西和賀の小渓 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »