« 三連休 | トップページ | Omura Rod 704C3 ~魂入れ »

2006/08/03

スペント・カディス

7月22日

20060722iwana1 この日も仕事で盛岡に来ていた大村さんと同行。朝から昼前にかけて八幡平の溪の上流部を釣り上がりました。
 釣り上がる途中は、水温が低いのかスレてるのか、大村さんのフライに一度反応があった以外はまったく反応なし。しかし、その区間の最終ポイントとなる大堰堤下のプールでは、散発ながらライズが。
 目立ったハッチもなく、時期的に頭の中はテレストリアル一色。小さ目のアントやグリフィスナットを流してみますが、いまいち反応が良くない。
 悪戦苦闘していると、隣で釣ってた大村さんから「わかった。カディスだ。」の声。
 確かに、足元の水際に#16くらいで腹部が緑色のスペント状態のカディスが浮いています!

20060722iwana2 これに気がついてからは、写真のような9寸程度のイワナ達が、カディスのアダルトやスペントパターンによく反応してくれました。
 ただ、これより明らかに良いサイズのイワナ、2人ともばらしてしまいました。
 おそらく、食われていたカディスはそのときハッチしていたのではなく、上流でハッチしたか下流から遡上飛行してきたものが堰堤の水流に巻き込まれたもの、すなわち水面直下を流れていたのだと思います。だから、水面上に浮いたフライには出てもフッキングが甘かったのではないか・・・そんな話をしながら、入溪点まで川通しに渓をおりてきました。
 源流域でのライズの釣り。入溪者の多いポイントでは、フライパターンもそれなりのものが要求されます。これはこれで痺れるくらい面白いんですが。

 

|

« 三連休 | トップページ | Omura Rod 704C3 ~魂入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/11248656

この記事へのトラックバック一覧です: スペント・カディス:

« 三連休 | トップページ | Omura Rod 704C3 ~魂入れ »