« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/09/26

奇跡的な大イワナ

9月24日(日)

20060924yks 釣行に丸一日充てられるのは今シーズンはこの日が最後、ということで、どこに行こうか悩んだ末に向かったのは「とある早池峰の溪」。その後も「良いサイズのヤマメが釣れてる」という情報があったので、狙いは当然尺ヤマメ。ま、それは無理でもイワナならハズレはないだろうし。
 途中、閉伊川本流の実績のあるポイントを悪戯し(当然空振り)、目的の溪に着いたのは午前10時ごろ。 ヤマメ狙いなので、前回よりもずっと下流の、溪沿いの広い空き地に車を停め、そのすぐ脇から入溪するつもりで準備していると、ふと、少し下流の方に続いている踏み跡が・・・
 ヤブを掻き分けて斜面を降りてみると、そこは上流の落ち込みから続く、対岸が岩盤になっている水深のある渕で、その下流にはとろりとした良い感じの流れが続いています。「これでハッチでもあればライズしそう」と思いながらしばらく観察していると、突き出した岩のすぐ下流の流芯で、一瞬水面が撚れたような気が・・・「ん?」
 しばらく眺めていると、「ジュボッ」。今度は水面が小さく、しかし力強く丸く窪むのがはっきりと分かりました。 岩の色が濃いせいで魚影は確認できないけど、ライズの仕方から見て、多分良いサイズのイワナ。(この時点では「もしかして尺あるかも」くらいにしか考えていなかった。)
 流れを観察しても流下物が見えないので、とりあえず早朝の閉伊川本流でハッチしていたコカゲロウ(フタバ?)を意識したCDCスペントを7Xティペットに結び、アップ・クロスの位置からライズの上流に慎重にキャスト。 しかし、3投ほどして、ここぞ、というレーンをナチュラルに流れたにもかかわらず、そいつはフライに反応しません。 「しまった、気配を悟られたかな?」と思って様子を見ていると、少しして再び同じように水面を小さく窪ませるようなライズが。 「特定のものが流下してる様子はないし、もしかして小さいフライは見えてないのかな?他にこの時期流下する可能性の高いものは・・・」考えた末に選んだのは、#14のCDCソラックス。 この時期に再びハッチが多くなる黄色っぽいヒラタカゲロウ類をイメージし、前の晩に慌てて巻いたパターンでした。
 パターンを換えて一投目、フライが上手く流れに乗り・・・「ジュボッ」。先ほどまでと同じように小さく水面がへこんでフライが吸い込まれ、一呼吸置いてロッドを立てると、ズシリとした手応えが伝わってきます。 このとき使っていたロッドはOmura Rod 704C3。柔軟なティップと強靭なバットで、比較的早い流れの中でも、岩に潜ろうとする33cmのイワナの突進をいなしてランディングした実績があるので、今回は障害物が少なく流れの緩いプールということもあり、この時点では「うん、この引きは尺イワナだな」ってな感じで余裕をかましていました。事実、最初は割とすんなりと寄って来たんですが・・・
20060924iwana1 「で、でっけぇ・・・」水面に浮いてきた魚影を見て、一瞬目を疑いました。(多分声も出てたでしょう)「もしかして6月に釣った36センチよりでかいかも。そう言えばティペット7Xのままだった・・・」
 一瞬ひるんだのがいけなかったのか、そいつは再び流芯に向かってグイグイと潜りはじめました。そこからは、寄せては走られの繰り返し。寄せるたびに空気を吸わせてるのに、ネットを差し出すと、「やっぱ帰るわ」って感じで踵を返して抵抗します。(この間、「でっけー」とか「すんげー」とか、ずーっと一人で騒いでたような気がします。)
 何回目かの寄せで、そいつはようやく観念したかのようにスーッと素直に近づいてきてくれましたが、今度は魚体が大きすぎてなかなかネットに入らない!(ここで再び、「じゃ、へぇらねぇじゃ!」(訳:うわ、入らないや!)と独り言。) 四苦八苦した末、頭の方からかぶせるようにしてようやくネットに収めることができたのでした。
20060924iwana2 それからは、もう夢中で写真を撮りまくり。メジャーをあててみたら、なんと42センチもありました。でも、ただでかいだけじゃなくて、二次性徴(でしたっけ?)で発達した上下の顎の形とか、尾びれの付け根の太さとか、まるでN.Z.のモンスター・ブラウンのような迫力(実物見たことないけど)で、厳しい環境を生き抜いてきた威厳というか、神々しさのようなものさえ感じられます。ここまで大きくなるのに何年掛かってるんでしょう?なんだか釣ってはいけないものを釣ってしまったような・・・
 入溪者の多いこの溪で、このサイズになるまでお持ち帰りの釣り人に釣られなかったのも奇跡的だし、そんな魚がたまたまライズしているところに私が居合わせたのも奇跡的。他にも様々な奇跡的な要因が重なって、こんなにすばらしい魚に出会うことができたんだと思います。
 早池峰の溪の豊かさに感謝!

20060924iwana3P.S.
 佐藤成史さんのblogに触発されて、リリース直前の姿を水中撮影してみました。
 モニタが見えないので構図はあてずっぽう。いまいちどころか面白くも何ともない構図ですが、顎の形とかがよくわかりますよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/25

秋の気配

9月16日(土)
20060916inaho このところ、朝夕の気温がぐっと低くなり、田んぼの稲穂も重そうにこうべを垂れる姿が目立つようになりました。 あと半月で禁漁だというのに、今年はほとんど雨が降らず、溪は真夏の超渇水状態を引きずったまま。 この週末はこの日の午前中しか時間が取れないので、状況が悪いのは覚悟の上で、近場の雫石水系の支流を何本かまわってみました。
20060916iwana 案の定、どこも今まで見たことがないような水の減り方で、反応するのはこんなイワナだけ。「もしかしたら産卵を控えて本流から遡上する大物が・・・」、という淡い期待は脆くも崩れ去りました。

 ・・・今シーズンは、このまま水量が回復しないで終わってしまうんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早池峰の溪

9月10日(日)
20060910hayachine 気がつけば今シーズンも残りあとわずか。 そう言えば、今年は閉伊川水系に良い時期に行かないでしまったなぁ。先日の大村さんの話だと、とある早池峰の溪では、お盆の時期でもイワナが結構釣れてたとか、最近は良いヤマメも出てるとか・・・ 「これは行くしかない!」ということで、またまた大村さんをお誘いして出かけてまいりました。
 向かったのは、その「とある早池峰の溪」。結構有名な溪ですが、実は私は今回が初釣行。 谷が深く、水深のある大渕と落ち込みが連続し、平水時はフライでは釣りにくそうな溪相ですが、今シーズンは夏以降どこも超渇水状態で、この溪にとってはそれが逆にフライ向きになっている感じです。
20060910iwana 夏の名残の強い陽射しの中、釣果の方は写真のようなイワナがぽつぽつ。特別大きいのは出なかったけど、この時期の日中に、入溪者の多い有名な溪でこれだけ反応があれば十分満足。 溪の雰囲気も、前述の溪相のせいか他にはない独特なものを感じました。

 ・・・また一つ、「良い時期にまた行きたい溪」が増えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

秋田出釣

8月27日(日)
20060827obn1 この日は大村さんと一緒に、前から一度行ってみたいと思っていた県境を越えてすぐの秋田の溪へ。朝から一日かけて、秋の気配がただよい始めた溪を、奥の大堰堤まで釣り上がりました。

20060827obn2 朝方は冷え込んだせいか反応はいまいちでしたが、日が上がり始めると反応がぽつぽつと出始め、大村さんはコンスタントに釣果を上げていました。最後の大堰堤下のプールでは、全体がオレンジがかった尺クラスのきれいなイワナも。
 私?・・・朝イチに良型のヤマメをばらしたのがいけなかったのか、その後は出る魚みーんなバラシ&合わせ切れ・・・ 結局“ボウズ”でした。 おまけに最後は、大堰堤下のテトラにフライラインがからまってしまい、無理やり引っ張ったらWF4Fラインのヘッド部分がブッちぎれてしまった・・・


 でも、良い溪でしたよ。(負け惜しみ)
 林道はかなり荒れてるし(それも途中で終わってる)、途中クマの足跡があったりして(大村さんは“気配を感じた”とのこと)、一人で奥まで入るのには勇気がいる場所ですが、流れは開けていてあまり落差もなく、フライには向いている溪だと思います。
 良い時期にまた行ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマメに会いたい・・・その3

8月20日(日)

20060820kks お盆休みもついに最終日。 あそこならヤマメが出るはず、と、雫石の小渓流へ。
 数日前に岩手山周辺で大雨が降ったので、少しは期待してたんですが、着いてみるとものすごい渇水です。 この辺はあまり降らなかったんでしょうか?この溪の水がこんなに少なくなったのを見たのは初めてかも・・・

20060820iwana 案の定、フライに反応するのはチビっこイワナばかり・・・
 ヒラキに出ているヤマメは、フライラインが頭上を通過しただけで深みへと一目散に走ってしまいます・・・

 ・・・まとまった雨が欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »