« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/15

水鳥たち

 昨日、子ども達と自宅近くの北上川に水鳥を見に行ってきました。
Kokutyo こちらは、最近地元の新聞でも話題になっていた黒鳥(コクチョウ)。人の手からパンを食べたりして妙に人懐っこい。もともと南半球の鳥だそうですから、どこかで飼われていたのが逃げてきたんでしょう。白鳥の群れについてきちゃったのかな?形は白鳥にそっくりだけど、色は見事に真っ黒。一羽だけ群れから外れたところにいて、なんだかちょっと寂しそうな感じも。
 ちなみに羽については特に珍しい羽が生えてるわけではありません・・・って、やっぱりその辺をチェックしちゃいますよねぇ。
Magamo フライ・フィッシャー的に最も気になったのは、こちらのマガモ。いわゆる「マラード」ですな。「アオクビ」とも呼ばれるように、頭部の光沢のある緑色(ピーコック・カラー)がとても綺麗ですが、それよりもグレーマラード、ブラウンマラード、ホワイトティップ・ブルーマラード、などなど、「へぇ~、あの羽はここに生えてるのね」なんて感じでじっくりと観察してきました。

娘:「パパ、羽取っちゃだめだよ!」
私:「・・・・・・」

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/01/13

銘木ランディングネット

Flame ロッドが完成したので、昨年末からランディングネットの製作に取り掛かっています。

 今回は、グリップに「カーリーメイプル」、フレームには「バーズアイメープル」+「ウォールナット」+「バーズアイメープル」、という、銘木としてはベーシックな組み合わせです。いや、ヒノキ+桂などのシンプルな組み合わせも味があって好きなんですが、今回はそれ以外の材も使ってみたかったので。

 銘木でランディングネットを作る場合、グリップ材は大きなDIYショップなどを探せば結構いろんな樹種が入手できますが(今回のグリップ材は出張の際に新木場の「もくもく」で入手)、フレーム材については、ヒノキ以外の使える材を置いているところはほとんどありません(少なくとも盛岡にはないと思う)。というわけで私は、Akasaka Woodworksさんから通販でフレーム材を入手しました。こちらは、完成品はもちろんの事、杢の美しいフレーム材の他、整形済みのグリップや細かいパーツ類も充実してますので、ネットの自作を考えてる方には特にお薦めです。

Grip 先日のFR誌にも記事が出てましたが、今回のフレーム材は、両側からヒノキ材ではさんでやれば、湯もみ+手曲げでも割と簡単に曲げることができました。
 それよりも、苦労したのはグリップ材の整形。側面部分を滑らか、かつ垂直に仕上げないと、フレーム材を接着した後に隙間が空いたりして綺麗に仕上がりません。電動糸鋸盤やベルトサンダー、ボール盤などがあればあっという間に済むようですが、そんなものは買えない(買えても置く場所がない)ので、私の場合は糸鋸やノミ、カンナ、ヤスリ類などのハンドツールを駆使して、手作業でグリップ材と格闘するしかありません。正直、この作業が一番めんどくさい。

 それでも、正月休みなどを利用してチョコチョコと作業した結果、1本目はようやく接着までこぎつけました。が、今回は3本作る予定で、残り2本はまだグリップ整形の途中・・・ 解禁には間に合わないかな、多分。

 この時期にこんなことやってると、解禁前にフライを巻く時間がなくなっちゃうんだよなぁ・・・
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/11

初日の出

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
Goraikou こちらは、元旦に自宅近くの見晴らしの良い橋の上から撮った初日の出。






Iwatesan こちらは日が昇る直前、赤く染まった岩手山。シーズン中の姿しか見たことのない方には新鮮に見えるかもしれませんね。

 盛岡は、ここ数年ではちょっと記憶にないくらい暖かい新年を迎えました。今日現在でも、盛岡市内はまったくと言っていいほど積雪がありません。
 昨年は逆に稀に見る大雪だったせいで、雪代がかなり遅くまで残り、これがその後の尺上イワナラッシュに繋がった感がありました。

 さてさて、今年はどんなシーズンになることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »