« 春の雨 | トップページ | 菜の花咲く溪にて »

2007/04/01

オオクママダラ?

3月31日

 子ども達は春休み。 家族は前日からカミさんの実家(気仙沼の近く)に帰省していたので、この日は午前中に電車で一関まで行き、カミさんに駅まで車で迎えに来てもらいました。
 釣り道具?当然、前日の朝にクルマに積み込んであります!
 この週末の狙いは、噂の気仙沼大川C&R区間、のはずでしたが、カミさんの実家に向かう途中、近くの里川のいつものライズポイントを覗いたら、なんと#14くらいの茶色っぽいメイフライが辺りを飛んでいて、複数のヤマメが流芯で活発なライズを繰り返しているのをみつけてしまいました!

 「釣ってもいい?」
 「とりあえず実家に顔出して、お昼食べてからにしたら?」 
 「・・・(ごもっとも)」

 挨拶もそこそこに急いで昼食を済ませ、(←いったい何しにカミさんの実家に行ってるんだか・・・)ライズポイントにとって返すと、幸いライズはまだ続いていました。 見ていると、先ほどのメイフライが結構な頻度でプールの流芯から表れては流されて行きます。 しかし、水面を流れるダンは捕食されず、何も流れていないように見える場所で時折「ピシッ」という鋭いライズが。
 「時期的に少し早いような気もするけど、もしかしてオオクママダラカゲロウ?」
ということで、ティペットに結んだのはオオクマのDDパターン。

Yamame1 数投目、流芯で鋭く反応してくれたのはこんなヤマメ。

Yamame2 その後も、流芯脇の緩い流れにオオクマを意識したクリップルやスパークルダンを浮かべると、7寸前後のヤマメたちがゆっくりとしたモーションでそれをくわえてくれます。
 プール間の瀬でも、同じようなヤマメが#14アダムス・パラシュートに結構反応してくれました。

Triver 最後のポイントはこのプール。 ここは、この区間では一番実績のある場所。 この時点ではすでにハッチは見えなくなっていましたが、しばらく見ていると、時々思い出したようにライズがあります。 定位位置は結構深そう。 トリガーは水面直下&シルエットかな?ということで、こういうときはやっぱりオオクマDD。

Yamame3 狙い通り、深い位置から突き上げるようなライズでフライをくわえたのは、体長は8寸弱ながら体高のある、コンディションの良いヤマメでした。

 ふ~、幸せ。





P.S.
Oriver1 翌4月1日、「午前中ちょっとだけ」という約束で気仙沼大川へ。 「ルースニングで尺ヤマメ」とのtakedaさん情報に基づいて8'00゛#4のグラスロッドを準備。 これまたtakedaさんの教えに従って年券(3,000円)を購入して、釣る気満々で入溪ポイントへ向かいました。

・・・しかし

Oriver2 泥濁りです。(T-T)
石の状況から見て、水位も平水より10センチくらい高いです。 そう言えば、夜中にかなり強い雨が降ってたもんなぁ・・・
 他に転進する時間もないのでニンフを沈めてみましたが、結局無駄な努力でした。
 監視の方曰く、「昨日の午後はすごいライズだったんだけどねぇ。 この水が引いたら状況は良くなると思うよ。」
だそうな。 とほほ

 ま、ここはカミさんの実家から30分くらいの距離。 渓相は結構良かったので、次の連休にでもまた来てみましょう。

|

« 春の雨 | トップページ | 菜の花咲く溪にて »

コメント

あーー
例のとこいってきたのかな??
県境って書いてあるから、岩手側かな?
岩手側もイイ雰囲気ですっけね!

投稿: たけだ | 2007/04/02 09:32

実は・・・例の場所は×でした
これはさらにその南の小溪なんですねぇ~

今日は酔っぱらいなのでまた明日♪

あ、明日も酔っぱらいなので更新はあさっての予定です!

投稿: sawase | 2007/04/02 22:55

というわけで更新しました。

・・・なんか、「大物が釣れる」情報&「ニンフ」というのは鬼門みたいです。

投稿: sawase | 2007/04/04 23:14

ええーー
泥にごりだったんですかぁ・・・・
残念でしたね、ま、最初の川ではイイ思いをしたようですから。
なんか。
大物+ニンフ。。。鬼門だw

>「とりあえず実家に顔出して、お昼食べてからにしたら?」 
>「・・・(ごもっとも)」
まさしく、ごもっともニャハハ(*^▽^*)

投稿: たけだ | 2007/04/05 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/14486541

この記事へのトラックバック一覧です: オオクママダラ?:

« 春の雨 | トップページ | 菜の花咲く溪にて »