« Rise Ring @ “Akita” 2007 | トップページ | 内陸北部の川で »

2007/06/27

シルクラインで・・・

6月24日

 この日は、日中は家族の用事があるので“朝だけちょっと”。本当は“本流尺ヤマメ”を狙いに行くつもりだったんだけど、目当てのポイントには先行者がいたので、やむなく近場の某C&R河川へ急行。

 最初は、昨年のSSスクール区間に入ってみましたが、相当人が入ってるんでしょうね。渇水気味なのもあってか、イワナ達はかなりナーバスになってました。時々“ピシッ”と反応するものの、全然乗りましぇン(涙)。

 ところで、この日は今まで時間をかけて育ててきたシルクラインを実戦に再投入。ハーダニング(というかコーティング)を追加したおかげで、ロッドへの乗りはかなり良くなって、感触的には以前使わせてもらったフェニックスのラインにだいぶ近づいた感じがします。
 表面に編目のざらつきがあるので、最初はガイドと擦れる感覚に戸惑うんですが、慣れてくると、あまりラインスピードを上げなくても、ある程度距離を出すときにはライン自体が“グーン”と伸びていく感じがあって、ちょっと遠目からキャストするのがなんだかとても気持ちが良いんです!おまけにラインが細く柔らかいので、メンディングがやりやすいばかりかドラッグそのものもかかりにくいような気がします。

 そんなわけで、キャスト&ドリフトを楽しんでいるうちに、全然釣れないまま残り1時間となってしまいました。(汗)

Photo_47
 で、急いでこんな上流部へ移動。この辺は、今までの経験では小物の魚影が濃い区間なので、とりあえずイワナの顔を見て帰ろう、という魂胆でした。

 最初、手前の流芯から流し始めたら、案の定すぐに20センチくらいのイワナがヒット。よし、一つ上の流れ込みまでやったら帰ろう。

 と、そのとき、ずっと奥の対岸ぎりぎりの辺りで、“ポツーン”という小さなライズがあったような・・・

 よく見ると、そこはカーブした岩盤に奥の小さな流れ込みから続く筋が当たっていて、底には沈み石も入っているという、いかにもなポイント。見ていたら、再び“ポツーン”という小さなライズ・・・


Photo_48
 #16パラ・アントに反応したライズの主は、ジャスト30センチの丸みを帯びた白っぽいイワナ。
 この竿で尺ものをかけたのは初めてだったけど、シルクラインとの組み合わせだと魚の動きがまさに手に取るように伝わってきて、落ち着いてランディングまで持ち込めました。(というのは贔屓の引き倒しってヤツかな。でもホントにそんな感じがしましたよ。)

 竹竿+シルクライン(+ファールドリーダー)の組み合わせ、結構はまってしまいそうです。

P.S.
明るい時間に釣れたので、写真をいっぱい撮らせてもらいました。
Up
 サイズのわりにはやさしい顔つき?メスなのかな?(見分け方がわかりません。)

Up2
 尾の付け根はさすがに立派。いい引きを見せてくれました。秋まで生き延びて、いい子孫を残してくれると良いなぁ。

|

« Rise Ring @ “Akita” 2007 | トップページ | 内陸北部の川で »

コメント

おーー!
素晴らしい。羨ましい!
僕は13時間も釣って、ようやく泣尺だったのに・・・
さすがですね。

ライン、重さの具合ちょうど良いぐらいになったんですね。
僕のラインは、1回のハーダニングで十分だったのですが。
そう考えると、#2と思ってたラインも何回かハーダニングを
することで#3ライン程度になるのかもしれませんね。

投稿: GEN | 2007/06/28 08:53

ほえーーまた尺っすか!
いいなぁ・・・・今年はまだ釣ってない。。
今週末あたりに尺ヤマメGET出来れば良いけど・・・・
もう居ないんだろうなぁ・・・・

投稿: たけだ | 2007/06/28 08:54

>GENさん
大物との出会いは時の運ですから。数打ちゃ当たるってことで、次回はぜひ!
シルクラインの方は、コーティングの度に重さをチェックすれば、ある程度重量をコントロールできそうですよ。私は表面の具合だけ見て「こんなもんかな?」って感じでしたが、AFTMA(でしたっけ?)の規格とデジタルスケールをにらめっこしながら作業すれば確実でしょう。

>たけださん
たまたまですよ。とりあえずイワナの顔が見れれば、っていう謙虚な気持ちが良かったのかな?
近いうちにまたどっか行きましょうね。

投稿: sawase | 2007/06/28 21:53

ご無沙汰しています。今年はスクールの申し込みに間に合わず八幡平には行きませんでしたが写真の辺り、その時期に彷徨っていました。同じポイントで泣尺釣りました。そこから上流の堰堤までの間は始めてやりましたがポイントごとに岩魚が飛び出し楽しませてもらいました。秋にまた行こうかと思っています。

投稿: 福島の生徒 | 2007/06/28 21:54

以前一回コメントしましたかっしーです。
いやー、この時期尺ですか?異常に暑いのに。今横浜ですが実は岩手の方が暑いです(いろんな意味で?)SAWASEさんは、見逃しがちな大物のライズを見つけるのが本当に上手ですね??私はアントやテレストリアルの季節になってくると、ちょっと焦り始めるんですが…(汗)。ちなみに某河川で貴方のプジョーを押したのが私です(笑)。

投稿: かっしー | 2007/06/28 22:30

>福島の生徒さん
どうもご無沙汰してます。
スクール区間はかなり場荒れしちゃった感がありますが、それ以外にもいい区間はありますので、反応が悪い時はどんどん場所を変えた方がいいのかもしれませんね。(かく言う私もまだまだポイント開拓中です。)
あの区間はスケールが手ごろな割にのびのびとラインが出せて、魚影もそれなりにあるので、私も結構好きです。
あまり荒らさないようにしておきますので(笑)ぜひまたいらして下さい!

投稿: sawase | 2007/06/28 23:42

>かっしーさん
え?(汗)もしかしてこの間の小●の?(大汗)
(実は数年前にも他所で同じへまをやってるので、違ったらごめんなさい。)
その節は大変お世話になりました。イブニング前のいい時間に釣りの邪魔をしてしまって申し訳ありませんでした。
以前コメントをいただいたのも覚えております。まさかその方だったとは・・・
穴があったら入りたい気分です。
これも何かのご縁ですので、近いうちにどこかでお会いできると良いんですが。
(他の方には何の話だかわかりませんね。この時の話は、岩手県民の人情の厚さを表すエピソードとして、オフのネタ切れの時期にでもエントリーしようと思っておりましたので、今しばらくお待ちください。)

>見逃しがちな大物のライズを見つけるのが
どうでしょう、釣れない時は徹底的に釣れませんので。
なんていうか、年に何回か、たまたま波長があっちゃう時がある、っていう感じでしょうか。

>アントやテレストリアルの季節になってくると
確かに、梅雨明け以降は雨の後でもない限り釣りづらくなっちゃうことが多いし、シーズン終盤は逆に大雨だったりするので、この時期になるとだんだん焦ってきちゃいますよね。
梅雨明けまではまだもう少しチャンスがあるはず・・・と信じて、暇を見てはアントやビートルを巻いております。

投稿: sawase | 2007/06/29 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/15579513

この記事へのトラックバック一覧です: シルクラインで・・・:

« Rise Ring @ “Akita” 2007 | トップページ | 内陸北部の川で »