« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/26

山登り の続き

9月23日(日)

 台風9号とその翌週の豪雨の影響で、岩手県内の溪はどこも相当なダメージを受けた様子。
 ビルダーの友人O氏に「どこか釣りになるとこある?」と連絡を入れたら、「あそこはもうだいぶ水が引いてたから大丈夫じゃない?」とのお返事。

1
 で、こんな溪相の、前回退溪した場所から上流に入溪。2人して汗をかきかき釣り上ってきました。

Photo
 汗をかきかき、とは言っても、この時期の朝夕は結構冷え込みます。このあたりは標高が高いからでしょう、山の木々はすでに色づき始めていました。

Photo_2
 立ち枯れた木にびっしりと生えたキノコ。秋ですね。もうシーズンも終わっちゃうんだなぁ・・・

Photo_3
 釣りの方は、入ってすぐにO氏にガリガリに痩せた尺イワナが出た以外は、こんなサイズがポツポツ、という程度。入退溪に苦労した割にはあまりパッとしませんでした。
 初めて入った区間なので、それが大雨の影響なのか、あるいはもともとそういう区間なのかは判断できませんが、少なくとも壊滅的な打撃は受けていないことは確認できて少し安心。

Photo_4
 イワナ達が来シーズンに無事に命を繋いでくれますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/17

雨の猿ヶ石水系

9月16日(日)

Photo
 この日も1日釣りOK、になったんだけど朝から雨。そんなに強くはないけれど、予報を見るとどうやら今日は北の方がたくさん降るらしい。前回のリベンジに行こうと思ってたけど、北はダメだな。
 で、向かったのは遠野の猿ヶ石川上流部の支流群。フライを始めた当初はイーハトーヴ釣具店のスクールでよく来てたけど、ここ数年は「近場でちょっと」の釣りが多くなっていたので、このあたりに来るのは多分5年ぶりくらい。

Photo_2
 このあたりは台風による被害はあまりなかった様子ですが、水量は以前の記憶からみて10~20センチくらい多い感じ。水量がもう少し少なければなぁ、というドライには少々厳しい状況でしたが、そんな中でもサイズは小ぶりながらいかにも遠野らしい色合いのヤマメが顔を出してくれました。
 良型はもう産卵の準備に入ってるのかな?んー、来年はもっと良い時期に来るぞ!

P.S.
 この日はオールド・シルク・フライライン(2本目)#5(実際は4.5くらいかな?)を実戦投入。狙い通り、強めの#4ロッドに乗せたらミドル・レンジから手前がだいぶ釣りやすくなりました。心配だった硬さの方も、使ってみたらほとんど気にならないレベル。今後使い込んでいくうちに良い具合になってくれそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/08

ある日、森の中・・・

9月2日(日)

 この週末は、GENさんたちがこっちに来てるんだよなぁ・・・
と、思っていたら、この日は朝になって急遽1日釣りをして良いことに!
早速たけださんに電話、某道の駅に急行し無事合流とあいなりました。

1
 朝一で入ったのはこんなところ。5名様御一行でおしゃべりしながら交代で釣り上がりますが、何度かチビの反応があっただけ。
とっとと移動。

2
 上流部に移動し、二手に分かれて再入溪。たけださん、勝谷さん、私の3人は、ずっと上流の区間に入りました。この“ずっと上流”という選択が良くなかったんですかねぇ。入溪して少し釣り上がったところで・・・
 
私は見た!100mほど上流を道路の方に向かって横切っていく黒い塊を!
 「何あれ?!」「クマ?!」「クマだよね?!」「うひゃぁー!」(←プチ・パニック状態)
 「小グマ?」「いや、成獣でしょ」「じゃ、大丈夫かな」(←少し冷静さをとりもどす)
 「3人いれば大丈夫でしょ!」「こっち来るなよぉ!」「音立てれば逃げるんじゃない?」(←鈴やら笛やら鳴らしまくる・・・)
 で、釣り再開決定。(←良い子はマネしないように。)

 と、その時、クマが上っていった方の土手の上の道路を車が一台通過。そしたらなんと、そいつはまた川に降りて来たじゃありませんか!さすがにこちらの存在に気が付いたのか、今度は反対側の山の方にすぐ戻っていきましたが・・・
 「おいおい、洒落んなんないなぁ・・・」(←と、再び鈴やら笛やら鳴らしまくる)
 「こっちに気が付いて逃げてったみたいだから、もう出てこないんじゃない?」
 「3人いれば大丈夫でしょ!」
 「そう?・・・」
 で、再び釣り再開決定。(←良い子は決してマネしないように。一人の時だったらとっとと逃げてます。絶対。)

3
 たけださん曰く、「クマが出たときは釣れない」という言い伝え(?)があるそうですが、この日は気温が低くて活性が下がってしまったのか、魚達は水面に全く関心がないご様子。美しい景色の中を釣り上がっていきますが、ここぞというポイントでも、ドライには反応らしい反応がありません。

4
 結構な距離を釣り上がったところで、たけださんにようやく本日の1尾目がヒットしましたが、結局昼までの釣果はこれ一尾のみ。

5
 その後、GENさんたちと分かれてこんな場所に行ってみたり、夕方はもっとボサボサの溪もやってみましたが・・・
私は結局ボウズを食らってしまいました。とほほ。

 GENさん達は別れた後まずまずの釣りができたそうなので、やっぱりこれは、「クマさんにぃ出ぇ会ぁったぁ~♪」のせいだ、ということにしておきましょう。
 みんなでワイワイ過ごせただけでも、なかなか愉快な一日でした。皆さん、これに懲りずにまた一緒に遊びましょうね。

 ・・・やばい、今シーズンは後何回釣りに行けるんだ?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »