« 竿作り | トップページ | 岩手の渓流と釣人 »

2007/11/29

自作ナイロン・フライライン

 以前のエントリーでちらっと触れてましたが、GENさん発案(?)による自作ナイロン・フライラインがだいぶ仕上がってきました。と言っても、テーパーもつけてないし(後でファールド・リーダーで調整の予定)、ただ染料で染めて、乾性油でハーダニング(コーティング)してるだけですが・・・

Photo
 写真は、コーティングの乾燥用に市販のアングル材を組み合わせて作った、なんちゃってラインワインダー。ラインにテンションをかけた状態で乾燥させられるので、滑らかな表面を得ることができます。
 ラインのメンテナンスにも便利で、今シーズンはこいつが大活躍しました。


Photo_2
 今回のナイロン・ラインはオレンジの染料で染めてみました。ちょっとどぎつい色になっちゃったけど、シックなシルク・ラインとはまた違って、これはこれで・・・って感じかな。
 コーティングは、今までのオールドシルクラインと同様ホルべインのスペシャル・ペンチング・オイル。コーティング3回目でご覧のような良い感じになりました。このラインは重めの3番として使おうと思ってるので、コーティングはここまでにしておいて、この後は完全な硬化を待ってドレッシング作業に移る予定です。

 解禁までに良いラインに育ってくれると良いなぁ・・・

|

« 竿作り | トップページ | 岩手の渓流と釣人 »

コメント

うぉ~ スゴイ色ですね~~
自作ならではって感じ。

 ハーダニングは3回重ねたんですね。
どのくらいの重さになったのか気になります。
来年ご一緒した時に1回の僕のラインと振り比べしましょう。

投稿: GEN | 2007/11/30 20:49

>スゴイ色
ほんとはもうチョット淡い色になる予定だったんですが・・・(汗)

来シーズン、ぜひ振り比べしましょう!

実はもう一本・・・
(については後ほど)

投稿: sawase | 2007/12/01 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/17226823

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ナイロン・フライライン:

« 竿作り | トップページ | 岩手の渓流と釣人 »