« クラフト・モード@2007オフ突入! | トップページ | 雪の鬼首 »

2007/11/10

カーテンレールに

いろんなものがぶら下がっております。
Photo_3

手前から、ランディングネットのフレームが2本、シルクラインが2本、その奥はロッドのブランク。

ランディングネットは、オイル(亜麻仁油)を1回塗って乾燥(硬化)中。
この後は、硬化後に#400位のペーパーで1回サンディングして、もう2、3回オイル塗り~硬化を重ねます。硬化するのに1週間以上はかかるので、完成までにはまだ1ヶ月程度かかります。

シルクラインは、ライン・ドレッシングの乾燥中。
こちらの方はそんなに頻繁にメンテナンスする必要もないと思うんだけど、禁漁直前から使い始めたDT#5の方はまだだいぶ硬いので、週一ぐらいでドレッシング~乾燥を繰り返していれば、来シーズンまでに少しは滑らかにならないかなぁ、と。
ちなみに、夏前から使ってるDT#3の方は、表面もだいぶ滑らかになってかなり良い感じです。

奥のロッド・ブランクも2回目のオイルの乾燥中。
このブランクはOmura Rod製で、Paul.H.YoungのMidgeのテーパー。短いロッドが欲しかったので、お願いして作ってもらいました。
Youngのテーパーは初めてですが、軽さにこだわったというYoungに敬意を表し、今回はオイルフィニッシュで行くことにしました。
オイルフィニッシュの防水性能や耐久性については、ちゃんとメンテしてやれば、自分用としては全然問題ない、というのがランディングネットを数年使ってみての実感。
竹の質感がそのまま残るし、このブランクの場合は表面の焼き色も凄みがあって、なかなか良い感じになりそうです。
作業の方は、後1、2回オイルを塗った後、パーツの取り付けに入ります。パーツ類はすでによろずやさんに発注済ですが、実際に組むのは来月に入ってからかなぁ。

Photo_4
そうそう、今日ホームセンターに行った時これをみつけたので仕入れてきました。(ちゃんと(細)の方です。)
今使ってる#3はちょい軽めなので、もうちょい重めのが欲しかったんですよね~
テーパーは、ファールドリーダーを工夫すれば何とかなるんではないかと。
さて、何色に染めるかな?

というわけで、作業机の周りはだんだん収拾がつかなくなりつつあります・・・


|

« クラフト・モード@2007オフ突入! | トップページ | 雪の鬼首 »

コメント

なんだかもの凄い勢いでやってますね~ ^ ^
#5と#3のシルクって僕が持ってないラインで
今どちらも欲しいと思ってるんですよねー

けど、いっぺんには買えないもんなぁ。
下げ振り糸をみっちりハーダニングしても#5には
ならないだろうなー(大笑)

投稿: GEN | 2007/11/11 10:13

>なんだかもの凄い勢いで
いやあ、ランディングネットの塗りに入ったら、亜麻仁油が硬化するまでの間って何にもすることがないんですよね~
じゃぁその間に、ってことで・・・

下げ振り糸はですね・・・
私も#4ぐらいのラインが欲しいなぁ~と思って、ノリエのHPをずっとチェックしてたんです。が、テーパー付きのオールドラインはなかなか入荷しない。
同店オリジナルのレベルラインでもいいかなぁ・・・
ん?レベルライン?
GENさんとこに作り方が出てたじゃないの!
・・・ってな感じです。

みっちりコーティングして#4ってとこでしょうかね、多分。

下げ振り糸の(太)は下手すると#8ぐらい?ってくらい太いし、(中)ってないんですかねぇ?

投稿: sawase | 2007/11/11 21:36

ノリエオリジナルのラインよりは、下振糸の方が重いです。
僕はハーダニング1回ですが、それでも1番手上に感じますね。
けど、普段使ってる#4がPVCより重くて、それが標準になってきたら
下振糸ラインは#3くらいに感じちゃうんですよねー

太い方は重さもそうですが、編み目が粗くてキャスティングが
まともにできないんです。

ウチのラインもオフシーズンの管理をどうするべきか考え中なんですよね。
ジップロックして冷蔵庫かなー

投稿: GEN | 2007/11/12 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/17032558

この記事へのトラックバック一覧です: カーテンレールに:

« クラフト・モード@2007オフ突入! | トップページ | 雪の鬼首 »