« またまたシルク・ライン・・・ | トップページ | ラッピング中・・・ »

2007/12/09

コルクグリップ

2
カッターナイフで削ったり、ドリルで銜えてサンドペーパーで削ったり・・・
なんとかそれらしい形になりました。
見た目の形もさることながら、ロッドの長さ、重さ、アクションに見合った握り心地を考えて、ちょっと削っては握ってみて、の繰り返し。
グリップのシェイプを出すのは難しいなぁ・・・

フェルールの取り付けも終わったので、あとはガイドをラッピングすれば完成!なんだけど、いつも悩むのがスレッドの色。
去年は渋めの色のシルク・ミシン糸で仕上げたけど、今回は明るい色でも面白いかなぁ。
ということで、手持ちのグデブロのナイロンスレッドで色見本を作ってみました。
Photo
左から、グリーン、バーガンディ、スカーレット、オレンジ、イエローの順。
エポキシコートをかけると、グリーンはかなり濃くなっちゃうし、イエローはほとんど無色透明。

・・・一番無難なのはバーガンディかな。でも、オレンジも意外に良いかも。
それとも、やっぱり渋めにシルクで行くか・・・

う~、悩まし~!(←実は楽しんでる)


|

« またまたシルク・ライン・・・ | トップページ | ラッピング中・・・ »

コメント

緑は難しい色ですね。あと青も。

僕も緑何色も試してるんですが、いまだ納得の色は見つかってません。
カーボンとかの黒いブランクなら、緑も悪くないんですがねぇ・・・

NCPスレッドっていう、色止めしてある糸もありますよ。
これだと、透けないけどエポキシコートしても色変わりません。
エポキシコートをカラーブリザーバーという色止め剤で
やるという手もあります。

が、僕はやっぱシルク+エポキシが良いですねー

投稿: GEN | 2007/12/09 22:20

グラスやグラファイトではアクセントの飾り巻きにプリザーバーも使ったことあるんですが、竹の場合はあんまり色数は使いたくないし、かといって、ラッピングすべてにプリザーバー塗るのは強度的に心配だし・・・

特に今回のシャフトは焼きが強めなので、エポキシコート後の色の変化が大きくて、よけいに選択が難しいです。

私も気分的にはシルクにエポキシコート、なんですが、よろずやさんが例の本でナイロンの方がいいようなことをおっしゃってたのも気になるところです。

ん~、悩む~

投稿: sawase | 2007/12/10 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/17321559

この記事へのトラックバック一覧です: コルクグリップ:

« またまたシルク・ライン・・・ | トップページ | ラッピング中・・・ »