« 1か月ぶりの釣り~前編~ | トップページ | 地震! »

2008/06/11

1か月ぶりの釣り~後編~

6月8日(日)

この日は、前日とはうって変わってドピーカン。

北のガイドの教えに従い、朝一は
Photo
こんな里川へ。

しかし、水が少ないし魚影は無いし・・・
もっと下だったかな?

天気が良くて暑くなってきたので、この渓はさっさとあきらめて次に移動!


次は峠の下の薮沢。
Photo_2
楓の葉もだいぶ大きくなり、もう少しで盛期に突入?
ただ、まだ時期的に(あるいは時間帯が?)早かったのか、日当たりの良い落ち込みで同僚にまずまずのイワナが出た以外は、全体的に反応はいまいちでした。

その次は、昨年の9月にクマさんに出会った渓。
Photo_3

いつもの廃屋前に車を止めて歩き始めたら、近くで畑作業をしていたおばあさんに呼び止められました。
話を聞くと、朝、自転車で下の集落からここまで来る間に、道端まで出てきているクマを2回も見かけたとのこと。
「そこを自転車で来たんですか?」と聞くと、
「んだ、いっつもだ。」とのこと・・・
・・・おばあさん、強い。(思わずクマ鈴を握りしめる。)

さて、釣りの方は、入ってすぐに
Photo_4
こんなイワナが釣れたのを皮切りに、ぽつぽつと反応がありました。
(いいサイズはバラしまくった・・・)
ここも、最盛期まではもうちょっと、って感じでしょうか。


その後は、本流の上流部まで移動して遅い昼食の後、発電所のある支流に入渓。
ここは、大岩がごろごろした山岳渓流で、周囲が開けた場所が多いので、のびのびとロッドを振れます。
やっぱり、こういうところで遠目から大きめのフライをポンポン打ってく釣りは楽しい!
これで無垢なイワナが素直に反応してくれれば言うことなしです。
ま、入渓者も多いので、そんなにボコボコ釣れるわけじゃありませんが。
この日は、
Photo_5
こんなイワナが何匹か反応してくれました。

さて、最後のイブニングは、一発尺ヤマメ狙いで本流中流部へ。
Photo_6
オオマダラがパラパラと出ていて、他にも小型のカディスがうゎんうゎん飛んでいたりと、ライズしそうな気配十分。
・・・なんだけど、本流はまだちょっと水量が多い?まだ雪代が出るのか、それとも先日の雨のせい?
いずれにしろ、ライズが起きそうなトロ場はどこも流れが厚くなってて期待薄。
で、#10のオオマダラ・パターンで瀬の中のたるみを叩いてみることに。

数投目、大岩の影から大きな魚影が浮かび上がり、ロッドが大きく絞り込まれ・・・たんですが、首振り2回であっさりばれてしまいました。とほほ・・・

というわけで、一日かけてあちこち回ってきましたが、どこも最盛期まではもう少し、って感じでしたね。

今週末、オオマダラのスーパーハッチにうまく当たれば・・・
なんて考えると、何だかそわそわしてしまうのは私だけでしょうか?

・・・フライ巻こうっと。

|

« 1か月ぶりの釣り~前編~ | トップページ | 地震! »

コメント

どこの誰だか知りませんけど(笑)
ヒドイ。ガイドですね(^^;
本人はいっぱい釣ってたらしいですよ。

ま、先週あたりから
オオマダラやアカマダラなど、大型(12~10#)のカゲロウが出ています。
来ますよ~
来ちゃいますよ~(笑

投稿: たけだ | 2008/06/13 10:52

来るよねぇ。
引越しの片付けとか言ってる場合じゃないよねぇ。(汗)

投稿: sawase | 2008/06/13 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/41502689

この記事へのトラックバック一覧です: 1か月ぶりの釣り~後編~:

« 1か月ぶりの釣り~前編~ | トップページ | 地震! »