« イワナ釣り | トップページ | 2008渓流ファイナル »

2008/09/27

秋の一日

9月23日(火)

この日は久しぶりに会社の友人と渓へ。

Photo_2
中央でロッドを振っているのは友人の息子。
友人曰く、“子連れ狼フライフィッシャー”。
中学3年生ですが、すでにキャリア5年目とか。
キャスティングもメンディングもばっちり決まってます。
こりゃあ将来相当上手くなるだろうなぁ。

Photo
さて、最初に入ったのはこんな場所。

Photo_3
秋の山野草、大文字草(ダイモンジソウ)があちこちに咲いていて、渓はだいぶ秋らしくなっていました。

っていうか、寒い。

みんな結構一生懸命やってるんですが、
Photo_5
全然釣れません・・・
(写真提供:子連れ狼)

これは里川に行った方が良いんでないの?

で、次は
Photo_4
ここ。

ここでは、
Photo
こんなコッパヤマメがバンバン出ました(笑)
というか、入渓点に魚の“ワタ”を処理した後があったので、早朝に誰かが入ってお持ち帰りした後だったんでしょう。とほほ。

この後、隣の里川に移動してみましたが、反応するのはやっぱりコッパばかり。
結構な距離を叩いて上がったら、
Photo_2
ようやくこんなイワナが出てくれました。7寸くらい?
それまでコッパばっかりだったので、掛けた時はすんごく大きいような気がしたんだけど・・・

さて、里川もなんだかぱっとしないので、午後からは盛岡方面に戻って、
Photo_3
こんな山奥へ。

ぱらつきはじめた雨の中を3人で釣り上がりますが、なかなか反応がありません。

釣り上る途中、対岸側の狭い巻き返しにフライがうまく流れると、
Photo_4
ようやく良いサイズのイワナが反応。
寒くなって活性が低いというのもあるだろうけど、こんないやらしいところに付いてるなんて、これはかなりスレてる感じだなぁ。

案の定、3人でかなりの距離を釣り上がりましたが、釣れたのは結局この1尾だけ。

ん~、やっぱりこの時期の釣りは当たり外れが大きいですねぇ。
っていうか、当たった記憶はほとんどないんだけれども。

ま、釣れても釣れなくても、こうやって一緒に川を歩くのが面白いんだな。
(そりゃ釣れたほうが良いに決まってるけど。)
これに懲りずに、良い時期にまたみんなで一緒に行こう。
ね、子連れ狼さん。


|

« イワナ釣り | トップページ | 2008渓流ファイナル »

コメント

あらー
すごいなぁ・・・・
キャリア5年って(笑
末恐ろしいとは、このことですね。。

さて・・・ぼちぼち禁漁ですが。
いい最後を迎えられましたか??

投稿: たけだ | 2008/09/29 21:14

ほんと、間違いなく凄腕になるでしょうね。

最終釣行の模様は・・・
今しばらくお待ちください(;´Д`A ```

投稿: sawase | 2008/09/29 21:38

中3で5年ってことは5年生の頃からですか。
まさに英才教育ッスね。いずれFF誌の表紙を飾ったりして。
期待したいですね。 ^ ^

ラストの魚良いですねー
ウチの方とは比較になりません。
さて、今日は最終日。午後から出撃予定ですが・・・

投稿: GEN | 2008/09/30 10:04

良いサイズ、といっても25センチくらいですから。
なんて言ったら贅沢ですかね?

サイズはともかく、最後にきれいな魚が釣れると嬉しいんですよね。

投稿: sawase | 2008/10/01 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/42570891

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の一日:

« イワナ釣り | トップページ | 2008渓流ファイナル »