« 秋の一日 | トップページ | 読書の秋 »

2008/10/04

2008渓流ファイナル

9月28日(日)

今シーズン渓流最終釣行。

この日は、久しぶりに大村さんと早池峰の渓へ。

岩手県内は数日前から急に寒くなり、
1
この山の山頂もうっすらと白くなっていました。(写真ではわかりにくいかな?)

そんな状況なので、朝一はドライへの反応が全然ありません。
と、思ったら、河原の石にいかにも真新しいウェーディングシューズの跡。
なぁんだ、すぐ上に誰か入ったのね。

2
で、しばらく上流に行ったところにある堰堤から上の区間に再入渓。

この辺から気温も上がってきたのか、ようやく反応が出始めました。
3
ま、サイズはこの程度が中心ですが、この時期これだけ反応があれば十分楽しめます。

さて、午後からはずっと下流の区間に移動して
4
こんな場所へ。

この区間はこんなトロ場が多く、もう少し虫が出てライズが安定しないと釣りづらいかなぁ。

ということで、少し上の落差が出始めるあたりから再入渓。

このあたりから、コカゲロウや小さめのカディス、ストーンフライなどのハッチが目立ち始め、ところどころにあるちょっとしたプールでは、

5
こんなヤマメや、

6
こんなイワナが、#16程度のコカゲロウを模したパターンに素直に反応。
途中の大きな淵では、大村さんに25センチくらいのきれいなヤマメも出てくれました。

こういう開けた渓で、ハッチがあってライズがあって、キャスティングも楽しみながら軽快に釣り上がる・・・

特別大きな魚は出なかったけれど、シーズン最後の釣りとしては、なかなか悪くない一日でした。
今シーズンも楽しませてくれた渓魚たちと、彼らを育む環境に感謝!

P.S.
この日は、ニューモデル発売に向けたロッドのテストも兼ねていて、何種類かのロッドをとっかえひっかえさせてもらいながらの釣行。
その中でも、このあと10月1日から発売開始になった“764SF”というモデル。
テスト、といってもこのモデルはこの時点で仕様が確定していたそうで、「これも振ってみる?」てな感じで手渡されたんですが・・・
ラインを通してひと振りしてみたら、

「!!!なにこれ?すんごくいいんじゃない?!」

なんて言ったらいいんでしょう、手前から遠くまで全域で淀みなくパワーがあふれ出る、と言ったら言い過ぎかな?
とにかく、4番ってこんなにパワフルだったっけ?っていうぐらいトルクのあるループが気持よく伸びていきます。
かといって、ラインスピードを不必要に上げなくて済むので、ソフトなプレゼンテーションも自由自在。
7’6”という長さも、こういう開けた渓で流れの向こうを釣るにはちょうどいい長さ。
あの渓のあのポイント、いやいや、こっちの渓のこのポイントも・・・
この竿で釣りたい流れが頭の中に次々に浮かんできます。

で・・・

お買い上げ決定!
(おいおい、またかよ・・・)

完成品を買うほど余裕はないので、このオフはまたブランクから1本仕上げることになったのでありました。

|

« 秋の一日 | トップページ | 読書の秋 »

コメント

おーー
無事に禁漁をむかえる事ができましたね!
なんか、またハッチの時期?第二世代?になったのか、虫を見かける最終週末でした。
ライズもあったり。もしかすればコレからがまた楽しい季節なのかも?

しかし・・・「また」ですか??(笑
重めのラインでユックリ少し遠くを釣る。
が今春からの私のテーマでした。途中脱線しましたが。
4#シルク?5#シルク??も欲しくなりますでしょw

投稿: たけだ | 2008/10/06 21:41

>もしかすればコレからがまた
荒雄の状況を考えれば、イワナオンリーならあと半月くらいはマッチザハッチの釣りができるといいんですけどねぇ。

シルクの4と5、実は手元のが良い感じになってきたんですよ。

投稿: sawase | 2008/10/06 21:53

シーズン終わっちゃいましたねー
僕のラストはショボイ釣りで終わっちゃいました。

が・・・終わったはずなのに、今週末にはもう荒雄に行きます。
全然終わってないじゃん!ってことですね。 ^ ^

投稿: GEN | 2008/10/08 20:07

荒雄も小型メイフライのマッチ・ザ・ハッチの釣りが痺れるくらい面白いらしいですね。
今年は11月上旬までに行けるかなぁ~

投稿: sawase | 2008/10/08 22:16

早池峰山の反対側はライズありましたかー。
こっちは寒くって夕方パラッとコカゲのハッチがあった
のみで終了しましたよbearing

にしてもビルダーさんと釣行すると危ないですねぇw
私は誘惑に弱いので「振ってみます?」って言われても
断腸の思いでお断りすることにしてます・・・。

投稿: 遠野わらべ | 2008/10/08 23:07

早池峰の反対側も、1日中フリースが脱げないくらい寒かったんですよ。
もしかして、寒いとこの方が2世代目のコカゲのハッチが始まるのが早いんでしょうかね?
あんまり関係ないけど、10年近く前の禁漁直前に、わらべの裏でオレンジのウエノヒラタがまとまってハッチしてたのを今突然思い出しました。

>ビルダーさんと釣行すると
あはは。
良く一緒に釣行してると、ましてやそのロッドを使ってると、なんだか釣り方が似てきちゃうんですよね。
で、自然と「こういう釣りの時はもうちょっとこういう竿が」なんて話しになって・・・
いずれ、竹竿の場合はほかの素材に比べて自分にぴったり合った竿ができる可能性が高いわけだし、まだまだいろんな竿を使ってみたいとも思ってるので、「振ってみる?」のお誘いには喜んでライズしちゃいます。
もちろん、少ない財源には十分留意してますが(笑)。
あ、あとはカミさんの冷たい視線にも(爆)

投稿: sawase | 2008/10/08 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/42682748

この記事へのトラックバック一覧です: 2008渓流ファイナル:

« 秋の一日 | トップページ | 読書の秋 »