« リールシート | トップページ | 簡易インプリ装置:弐号機 »

2008/12/27

簡易インプリ装置

Photo
思いついたら即行動!
早速ホームセンターやスーパーで材料を調達してきました。

空気を抜く機構は、手持ちのワイン用のポンプを流用。
なので、新たに調達したのは、それ用の弁つきのキャップと小さなタッパーのみ。
材料費は500円程度?
キャップは、タッパーのふたに穴をあけて差し込み、ホットボンドでがっちり固定しました。

Photo_2
リールシート・フィーラーが3本はいるかどうかの大きさですが、年に1本作るかどうかの私には今のところこれで十分。

ポンプで空気を吸い出すとタッパーの蓋が結構へこみます。
あれ?ということは、体積が減ってるだけで気圧は下がってないのかな?

ま、先輩諸氏の例を見ると、うまく減圧できれば木の内部から空気が出て泡が出てくるみたいなので、物は試しでやってみるしかないでしょ。

この結果はまた後日。

|

« リールシート | トップページ | 簡易インプリ装置:弐号機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/43549155

この記事へのトラックバック一覧です: 簡易インプリ装置:

« リールシート | トップページ | 簡易インプリ装置:弐号機 »