« 発色テスト | トップページ | Pflueger Medalist 1492 »

2009/01/27

発色テスト その2

前のエントリーで、「ニスで仕上げるとまた違うのでは」と書いたんですが、どのぐらい違うのか実際に確認してみました。

Photo
こちらが塗装前。
左から、アンバー、ゴールド、クラレット、ダーククラレット、ブラウンの順。
当たり前ですが、シルク糸の質感そのままですね。

で、油性ニスを塗るとこうなります。
Photo_2
(テストなのでニスが一部液ダレしてるのはご容赦ください。)

思ったとおり、色は若干濃くなりますが、エポキシの様には透けません。でも、角度によっては糸目にシルク特有の光沢が出るので、これはこれでクラシックな感じで良いかも。(写真ではわかりにくいですが)

日本では、竹竿といえばシルクスレッドにエポキシコートというのが一般的のような気がしますが、アメリカでは今でもエポキシを使わない著名ビルダーが結構いるようですね。
エポキシが一般化する以前からの伝統なんでしょうか。

と、ここまでやっておいてあれですが、今回のはカーボンフェルールの現代的なロッドなので、黙ってエポキシで行くことにします。(笑)

何のかんの言っても、淡色のシースルー仕上げに黒染め金具の対比が美しいと思うので。

・・・こんなことやってるから作業が全然進まないんだよなぁ。


|

« 発色テスト | トップページ | Pflueger Medalist 1492 »

コメント

イロイロ楽しんでますね。 ^ ^
ウレタンのみだと、時間の経過共に強度が落ちてきますので
高番手の竿はエポキシをすべきだと思います。
以前サーモンロッドのリペアをやった時、ガイドがいくつも
取れていましたからね。

自分では試してませんが、NCPスレッドというエポキシしても
変色しない糸があります。その代わり透けませんが。

sawaseさん試してみません?(爆)

投稿: GEN | 2009/01/27 22:18

おおー
ちなみに、コレってブランクそのものですか?
シートに隠れる部分とかかな??
やっぱエポキシで透けた方が良いかもw

私が買い揃えた?スレッドもあります。
一緒に使ってみますか(笑
NCPのスレッドと一緒に試してみますか??
と無責任なコメントを・・・・

投稿: たけだ | 2009/01/28 20:44

>GENさん
力のかかるガイドのラッピングは、やっぱりエポキシの方が良いんでしょうね。
もっとも、現在のニスはウレタンですから、昔の植物性や動物性のニスほど弱くはないと思いますが。

NCPスレッドですか。
さすがに新しく買うつもりはありませんが、シルクに色止め処理をしてエポキシコートするとどうなるのかは興味がありますね・・・
いや、このままではいつまでたっても本番のラッピングに入れなくなっちゃうので、今回はやめておきます(笑)
そうそう、木工用ボンドを水で薄めると色止め剤(プリザーバー)として使えるそうですから、GENさん、次の竿あたりで試してみません?(爆)

投稿: sawase | 2009/01/28 21:14

>たけださん
これはブランクから切り離した、グリップエンド側のあまり(リーウェイ)の部分です。
グリップ整形時にドリルでくわえやすいように、大村さんにお願いして切り落とさない状態で納品してもらったんです。
発色テストも実際のブランクと同じ色のケーンで確認できるし、なかなか良いでしょう?

>私が買い揃えた・・・
いやいや、発色テストはもうおしまい!(笑)
解禁前にナメトコでテストする暇がなくなっちゃうよ。

投稿: sawase | 2009/01/28 21:22

カラープリザーバーは持ってます。
携帯ストラップ用の端切れに巻いたモノを色止めで
やってみましたが、自分の好みではなかったですね。

#NCPはちょっと試してみたいって思ってますが。

ちなみにプリザーバーは、何回か重ね塗りしたら
あとはウレタンを乗せるだけです。
ディッピングの場合は、ブランクと一緒に塗装して
やれば終わりになると思います。

投稿: GEN | 2009/01/28 21:38

>GENさん
なるほど。
本番巻きと並行して何色か試してみようかな。

投稿: sawase | 2009/01/29 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/43874565

この記事へのトラックバック一覧です: 発色テスト その2:

« 発色テスト | トップページ | Pflueger Medalist 1492 »