« 発色テスト その2 | トップページ | ラッピング »

2009/01/30

Pflueger Medalist 1492

新しい竿を手に入れると、それに合ったリールが欲しくなるもの。

とは言え、このような経済状況。
高価なものを購入するには結構勇気がいる。

Photo
で、こちらのリール。
某Webショップのセールで、なんと送料込み4.050円。

いまさらの感はありますが、価格に釣られて思わずポチっと行っちゃいました。

大量生産品の例にもれず、生産がアメリカ→日本→中国と移ってきましたが、スタイル自体は1930年代頃からほとんど変わっていないとか。
見た目は決して高級ではないし、実際に価格も安いにもかかわらず、なんというか独特の味わいがあって、古き良き時代の雰囲気を今に伝える、なんとも憎めないリールです。

この釣りを始めて十数年。
ずっと気になっていたにもかかわらず今までこのリールを買わなかったのは、ほかでもない、右手巻き専用だったからです。
始めたころからなんとなく左手巻きが身についてしまってて、右手巻きオンリーのリールは購入対象外だったんですね。

ところが、カムパネラの石川さん曰く、「簡単に左手巻きにできますよ」とのこと。

ほんまかいな、ということで実際に購入してみたというわけです。

Photo_2
で、石川さんの教えに従い、早速プチ改造を実行。
クリックの回転を抑えているリベットを内側から慎重に叩き出し、クリックを半回転させてみました。
(写真は半回転させる前の状態です。)

!!!
確かに左手巻きで使う状態で、ラインを引き出す向きの方がドラッグの効きが強くなりました!
なぁるほど。これなら左手巻きでも使えるね!
低番手のリールなら、機能的にはこれで充分だよなぁ。

で、そうとわかると他にも細かいところが気になってきます。

一番は、右手巻き専用にセットされているラインガード。
シルクラインを巻くとなると、やっぱり左手巻きでも機能するようにしたいところ。
これはフレームにドリルで取り付け穴を開ければ簡単に移植できるかな?

もう一つは、真黒なリールフット。
いや、色が黒いのはどうでもいいんですが、許せないのは真ん中にパーティングライン(鋳型の合わせ目の後)が残ってること。
だから安いんだ、とも言えますが。

解禁までに時間があれば、この辺は手を入れてやりたいところです。(できるかな?)
こういうプチ改造が気兼ねなくできるのも、値段が安いからこそですね。

巷には、アンティーク風に加工されたものも出回ってるようですね。
それはそれで否定しませんが、自分としては、ジーンズとおんなじでプレーンなのを使い込むからこそ自分なりの味が出るんじゃないかと思ってます。

今シーズン、専用のシルクラインを巻いて、新しいロッドとともにガシガシ使い込んでやるつもりです。
(専用のシルクライン?・・・については、あと1~2週間後に報告できるかな?)

|

« 発色テスト その2 | トップページ | ラッピング »

コメント

エントリを読みながら・・・・
「リールの次はシルクラインを・・・(llllll´ー`llllll)ニヤリ」
ってコメントを入れようと思ってたら・・・(笑
もしかして??

投稿: たけだ | 2009/01/31 01:03

>たけださん
むふふ。
詳細はそのうちご報告できると思います。

投稿: sawase | 2009/01/31 11:38

おはようございます。
はじめまして、12月に越してきて岩手レビューは今シーズンからのど素人フライマンです。
岩手のことも道具のことも、全く分からない有様。時折、寄らせて貰います。
メダリスト、小生も以前から気になっていたリールです、探してみるとします。

投稿: たいめん | 2009/02/01 08:26

>たいめんさん
はじめまして。
ブログ拝見いたしました。
岩手にも良い渓がたくさんありますよ。
シーズン中、どこかでお会いできると良いですね。

投稿: sawase | 2009/02/01 10:18

なぜかこのリールには縁がないんですよね。
写真で見ると良い雰囲気なんですが、なぜか他のリールを
買ってしまいます。
まして今は、ハンドメイドばかりになってしまいましたし・・・

ライン・・・もしかして例のMaid in Chainaですか?

投稿: GEN | 2009/02/01 21:35

>GENさん
少なくとも「どうしてもあれが欲しい!」と思って買うようなリールじゃないですよね。
まさに何かの縁、というところでしょうか。

>ライン・・・
むふふ。
注文から到着まで2~3週間かかるらしいです。
すでに1週間経過。
ほんとに届くんだろうなぁ(汗)

投稿: sawase | 2009/02/01 22:04

これって今でも新品あるんですか?? 渓流のフライを始めた頃でもすでに古いリールと聞いてましたΣ(゚д゚;)
凄いな~、これだけ息の長い商品作れたら一生自慢できますね~(*゚▽゚)ノ

投稿: saigoh | 2009/02/05 19:12

>saighoさん
新品で買えるんすよ。
当初設計した人が今でも恩恵受けてるかどうかはわかりませんが。
(アメリカの場合その可能性は低いですけど)
歴史に残る銘品であることには間違いないと思います。

投稿: sawase | 2009/02/05 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/43907244

この記事へのトラックバック一覧です: Pflueger Medalist 1492:

« 発色テスト その2 | トップページ | ラッピング »