« コルクリング | トップページ | 発色テスト »

2009/01/24

グリップを削り出す

コルクリングからグリップを削りだす時は、さすがに手で回すだけでは辛いものがあるので、
1
こんな感じの即席なんちゃって旋盤で回してます。

土台は、FLEX COAT社のラッピングベンチ。
手前に見えてるのは掃除機のノズルです。
これが無いと粉塵が舞い上がって大変なことになります。

2
動力源はホームセンターで3,000円くらいで売ってる安物の電動ドリル。(実際には、このあとドリルが動かないようにガムテープで固定してます。)
こいつでブランクをぶん回し、各種のヤスリを駆使してグリップのシェイプを出していきます。

ノギスで各部の径を確認したり、握ってみて感触を確かめたりしながら悪戦苦闘すること約2時間。
3
ま、こんな感じでOKかな。

早速リールシートを仮組みしてみました。
4
うん。リールシートとのバランスも悪くない。
ブランクとシートの色バランスも良い感じです。

5
ただ、1か所だけ大きな穴ぼこが顔を出しちゃったので、コルクの削り粉と木工用ボンドを混ぜたものを埋め込んで補修中。

これが済んだらいよいよラッピングに突入です。

|

« コルクリング | トップページ | 発色テスト »

コメント

僕も旋盤を買う前はドリルで加工してました。
最初の削りで偏芯させちゃうと、最後までリカバリできないんですよねー

グリップの形は僕のというよりは、たけださんの7’3”のに似てるかも。
と言うことは、アオンズさんのラミグラスに似てると言うことになります。 ^ ^

投稿: GEN | 2009/01/25 12:16

>GENさん
今回はコルクの穴あけでだいぶ偏芯させちゃったので、最初にきれいな円柱にするまでが結構大変でした。

アオンズさんのグリップも良いですよね~。
もちろん影響されてます(笑)
でも、バットにパワーをかけやすい形状を考えると、こんな感じになっちゃうんですよ。

投稿: sawase | 2009/01/25 14:18

何気に新宅にもクラフトスペースがありますね!
うちのコタツの上とは大違いですね(笑
アオンズさんというか・・・
元はノースカントリーアングラーのグラスなんですよ(笑

投稿: たけだ | 2009/01/25 20:24

>たけださん
クラフトスペースというか・・・
PCデスク、タイイング・デスクも兼ねた1.5畳ほどの狭いスペースです。
引っ越しの際、ここだけは何とか確保しました(笑)

>元はノースカントリーの・・・
そうなんだ。
ま、良いものは良いってことで。

投稿: sawase | 2009/01/25 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/43839409

この記事へのトラックバック一覧です: グリップを削り出す:

« コルクリング | トップページ | 発色テスト »