« Pflueger Medalist 1492 LHW Custom? | トップページ | いよいよ »

2009/02/17

Omura's 764SF

年明けにブランクで購入したOmura Rod 764SF、ようやく完成です。

1
夜間、室内での撮影なので、画質がいまいちなのはご容赦。

2
今回は2ティップにしてもらったので、区別がつくようにそれぞれのトリムを変えてみました。
ちなみに下に敷いてあるのは、綿麻混のざっくりした生地で作ったロッドソックス。
後ろに見えるのは、いつものように雨どい用の塩ビパイプとコルクで作ったケースです。

3
ガイド類は、今回もチタニウムカーバイドコーティングの細ワイヤで統一。

4
スレッドはゴッサマーのゴールドで、コーティングはエポキシ1回+ウレタン1回。
細ワイヤの軽さを殺さないよう、あえてあっさり仕上げてます。
若干糸目は残りますが、スレッドが細いので目立つほどではありません。

5
グリップ上の飾り巻きは、Omura Rod オリジナルの色違いをイメージ。

62
スレッドが細いと、こういうトリムもシャープに仕上げられます。

7
リールシート・フィーラーはメイプルの虎杢。
このパーツが付くだけで、竿全体がなんだか華やかな雰囲気になります。
機能的にはコルクの方が良いと思うけど、よくできた金具との組み合わせならこれもありですね。

と、仕上がり具合はざっとこんな感じです。
ま、見た目はだいたい当初のイメージ通りに仕上げられたかな。

後は解禁前に管釣りでテスト・・・
って、解禁までもう2週間ないんだなぁ。

・・・例によってぶっつけ本番になりそうな気配。


|

« Pflueger Medalist 1492 LHW Custom? | トップページ | いよいよ »

コメント

おはようございます
解禁まもなくで準備は着々そうですね!
此方は解禁が20日程後ですから
ムズムズするのはもう少しあとかなぁ~

投稿: 紫親父 | 2009/02/18 07:23

>紫親父さん
装備は着々と言いたいところですが、実弾(フライ)の準備はまだまだこれからです(汗)

こちらにひと山越えたところのC&R区間は、条件が良ければ解禁当初からライズがあるかもしれませんよ。
なければニンフをがっちり沈める釣りになっちゃいますが。

投稿: sawase | 2009/02/18 18:17

こんばんは~。

綺麗に仕上がってますね~スレッドがブランクの色をじゃましていないのがカッコイイですね~。
7f6inchの4番ってことは少し広めの川も想定したロッドですね~。
今年はどんな釣りレポになるのか、今から楽しみにしています(^^)

投稿: saigoh | 2009/02/22 18:14

>saighoさん
今年はこの竿で、広めの川でラインを出した釣りを楽しみたいと思ってます。
とか言いながら、情報に翻弄されて結局あちこちうろうろすることになると思いますが(笑)

投稿: sawase | 2009/02/23 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/44094414

この記事へのトラックバック一覧です: Omura's 764SF:

« Pflueger Medalist 1492 LHW Custom? | トップページ | いよいよ »