« CHINA様? | トップページ | Pflueger Medalist 1492 LHW Custom? »

2009/02/10

Silk Line from China

以前のエントリーで紹介した、e-bayで見つけた中国製シルクライン。

その後もネットでいろいろと調べてみたら、ライン自体は結構使えるみたい。
(英語のサイトがほとんどなので、なんとなく、ですが(笑))

e-bayも、ショップへの注文なら先方との直接のやり取りは必要ないみたいだし、日本語のガイドページを見る限りなんとかなりそう?

で、結局自分でポチっと行っちゃいました!

・・・それから2週間ちょっとが経過。
「到着まで2~3週間」の説明通り、本日無事商品が到着です!

1
こちらがそのパッケージ。
ラベルには、
“SILK FLY LINE , DT4 , 27Meters , Zhu's Flyfishing Store , Made in China”
と書かれています。

2
そしてこちらがその中身。
写真では色がきれいに出ませんが、結構明るい黄色というか、「みかん色」と言った方が近いかな?

3
編み目はけっこう細かく、丁寧に編まれてるようで好感の持てる仕上がり。
染色やコーティングにムラがあるのはご愛敬ですが、両端はかなり細く、きちんとダブルテーパーになっています。
番手については、キャストしてみないことには確かなことは言えませんが、少なくとも手持ちのラインと太さを比べてみた限りでは4番で間違いないみたい。

うん。これは使えそうですね。

確かに、コーティングはフェニックスやティボーのように厚くはないし、その仕上がりも滑らかではありません。
なので、この点にこだわる方はやめといた方が無難かもしれませんね。
でも今迄の経験から言って、シルクラインのコーティングは使っているうちに自然と滑らかになるものだし、ラインの柔らかさやドレッシングの乗りを考えると、むしろ厚すぎない方が良いと思ってます。

それに何よりこの価格。
送料込みで6,000円位ということは、なんと有名メーカーの5~6分の1です!
コーティングなんか、気に入らなければ自分でやり直したって良いんだし、この値段でシルクのDTのフルラインが買えるってのはすごいことです。
これは他のメーカーにとっては相当脅威でしょうね。

長期的な耐久性とかはしばらく使ってみないとわかりませんが、現時点では「予想以上の出来に◎」と評価しておきます。

そうそう、付属のドレッシングについては“使えない”とのコメントも見かけましたが、ほんとかどうかそのうち試してみるつもり。
その辺も含め、実釣での使用感なども追々UPしていきます。

※2/11追記
「シルクライン」で検索していらっしゃる方が多いようなので、過去記事のうちシルクラインに関連するものを、新しく作った「シルクライン」のカテゴリーに分類し直しました。
興味のある方は参考にしてみてください。

|

« CHINA様? | トップページ | Pflueger Medalist 1492 LHW Custom? »

コメント

ちゃんと届くんですねぇ。
って当たり前の話なんですが。
僕だったら届いただけで喜んじゃうかも。

使用感が何よりも気になりますね。
レポが読めるのはもう少し先ですか。
解禁が待ち遠しいですね。 ^ ^

投稿: GEN | 2009/02/11 10:02

>GENさん
e-bay初体験だったので、ほんとに届くかどうか結構ドキドキもんでした。
実際、前のエントリーの不在連絡票が来たときには、「ほんとに来たよ!」って感じでかなり嬉しかったです。

これからせっせとドレッシングして、解禁から実戦投入予定なので、レポについてはもう少しお待ちください。

投稿: sawase | 2009/02/11 11:08

おおおーー来ちゃいましたね!
頼むのであれば、言ってくれれば・・・
私も便乗したんですけど(笑
リールと2#と6#と。

まず、今の状態で先端9mを計ってみましょうよw
ドレッシングでどう変るか。。

投稿: たけだ | 2009/02/11 18:15

>たけださん
ほんとに届くかどうか不安だったし、まずは自分が人身御供に、ということで(笑)
真面目に入札代行します?
NC,NRということで(笑)

ちなみに、デジタルスケールは持ってないんですよ。
まあ、だいたい合ってればいいんじゃないかと。

投稿: sawase | 2009/02/11 18:56

ブログのシルクラインを読ませていただき、e-Bayをチェックするとセカイモンに出品されておりましたので、入札しました。幸か不幸か、落札。先日DT#3が届きました。

非常に硬く(固着したような状態)、長旅の疲れもあるかと思い、入浴させました。
その後、同梱されているワックスにて『シコシコ』しています。勿論、手はベタベタしています。
これまで、F社やT社の#3・#4を使ってきた経験から、相当手ごわく感じています。ラインの太さも#3とは思えない太さで5番から6番くらいに育ちそうで、行く末を心配しております。

そちら様の#3は、順調に育っていますでしょうか?

その後の中国生まれの、成長記録をお知らせくださいませ。

投稿: Bamboo1949 | 2009/04/16 16:51

>Bamboo1949さん
はじめまして。
こちらを見て中国製シルクラインを購入されたとのことで、ちょっと責任感じてしまいますね。

その後の使用感については、ちょうどそろそろUPしようかと思っていたところです。
詳細は後日詳しく書くつもりですが、手持ちの同番手に比べてちょっとだけ軽い感じがするぐらいで、おおむね快適に使用できております。

固着したような状態で入浴させた、とのことですが、私が入手したものは、エントリーにも書いた通り若干ムラはあるものの、固着などは全くありませんでした。
もしかするとコーティングが完全に硬化する前に発送してしまったんですかね?

また、5番か6番くらいの太さということですが、私のものはだいたい表示の番手通りの太さ(重さ)だと思います。
それほどの太さの違いがあるのは、発送の過程で番手を取り違えるなど、何らかの間違いがあったのではないでしょうか。

ちなみに、知人にも、私と同じ時期に同じものを複数番手購入した方がいますが、その方もほぼ私と同様の評価をしています。
したがって、最近になって商品の品質管理なり発送管理なりの水準が、何らかの理由で(たとえば需要が急に増えたとか)低下してしまった、ということも考えられます。

こういう場合、国内のショップなりメーカーならクレーム対応してもらえるのでしょうが、海外ショップの場合、交渉は難しそうですね。
(私なんか英語での交渉力はゼロですので)
セカイモンでは対応してくれないんでしょうか?
泣き寝入りはしたくないですし、こういう評価が残るのは先方にとっても良くないことだと思うんですが。

投稿: sawase | 2009/04/16 22:21

sawase 様

ご挨拶もせずに、いきなりのコメント記入につきまして、大変失礼をいたしました。
また、丁寧なご返事をいただき恐縮しております。当初、購入を『#5か#6か』、Yオークションでも出品されていましたので、迷っていました。
現在手持ちのF社の#4は、今シーズンで4年目に入っております。大変滑らかで軟らかく、順調な成長をしておるように思っています(本当のところは、不明です)
T社の#3は、1年遅れで使用していますので、育ち具合にかなり差があり、また太さは、F社より太く当初もT社のほうが硬かった印象があります。さて、問題の中国製シルクですが、『少なくとも、#5に育ちそうです』まぁ、それは、それでイイかと考え、ガイドを通して『シゴイテ』みようと思います。また、経過をお知らせしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
Bamboo

投稿: Bamboo1949 | 2009/04/18 18:41

>まぁ、それは、それでイイかと
確かに、すでに#3と#4はお持ちですから、#5が1本あっても良いですよね。

使っている人たちの話を聞くと、確かにT社のラインはコーティングが厚くて固いようです。

T社にしろ中国製にしろ、使いやすいラインに育てるためにはガイドを通して「しごいて」あげるのが一番ですよね。

投稿: sawase | 2009/04/19 09:48

はじめまして、先日DT7を同じルートでゲットしました。T社の低番手からサーモン用まで使用していましたが、今回試してに入手してみました。値段の割りに程度がよさそうで、古いバンブーのスイッチロッドにスペイキャスト用にいけるのではと思っています。ウエットでの釣りにはシルクラインは最適だと思います。DT8~9ぐらいまで作ってくれると嬉しいですね。

投稿: cowboyspeycaster | 2009/07/23 21:10

>cowboyspeycasterさん

はじめまして。

このライン、解禁から結構な頻度で使ってますが、コーティングがあまり厚くない分こなれるのも早くて、今はかなりしなやかになってます。
「もし使えなくても、この値段ならネタで済むかな」と思って購入したんですが、今ではメインで活躍中。
かなりお得な買い物でした。

私はウェットはあまりやらないんですが、たまにやってみると、竹竿にシルクラインだとアタリがダイレクトに伝わってくるのが良いですね。
ドライの釣りと違って、釣ってるうちに先端が沈みやすくなるのもむしろ好都合だし。
ウェットに最適というのはその通りだと思います。

私もいつかは、もう少し高番手のタックルで本流ヤマメを狙ってみたいですね。

投稿: sawase | 2009/07/23 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/44019168

この記事へのトラックバック一覧です: Silk Line from China:

« CHINA様? | トップページ | Pflueger Medalist 1492 LHW Custom? »