« No Line On The Horizon | トップページ | 雨の後のミッジング »

2009/03/07

雨の中のミッジング

3月6日(金)

前日までは天気も良く、絶好の釣り日和でしたが、家族の用事やらなんやらで出撃できず。
そうこうしているうちに、せっかくの一週間休みも平日はこの日一日を残すのみとなりました。

天気予報は、何回見直しても昼前から雨。
内陸も沿岸も、北も南もとにかく雨。
しかも午後からはかなり本格的に降るみたい。

でも、朝方冷え込まなかったのがせめてもの救い。
本降りになる前なら何とか釣りになるのでは?
なんたって平日休みは今日が最後だし、とりあえず行くだけ行ってみよう!

ということで、大村さんをお誘いし、解禁日にかなりライズが見られたという某沿岸河川に向かいました。

しかし、出発してすぐに雨がぽつぽつと降り始め、遠野を通過するあたりには本格的な雪。
峠を越えたらまた小雨になりましたが、この時点ですでにあきらめムード。

目的地付近で大村さんと合流し、挨拶もそこそこに「ま、とりあえずポイントまで行ってみましょう」ということで、ずっと下流部のトロ場に行ってみました。

すると・・・
Photo
なんと、この雨の中でもライズしてました!
しかも、他には釣り人は誰もいません!
やっぱり現場の状況は現場に行ってみないとわからないもんですね。

で、状況を観察すると、どうやらユスリカにライズしてる様子。
ですが、この雨ではCDC系の繊細なパターンは使いづらいので、とりあえず#20のパラシュート・パターンを流してみたら、案外素直に「パシッ!」と出てくれました。
Photo_2
こいつはヒレの先が黒く、銀毛も強くてだいぶヒカリっぽい個体です。
やっぱり、こういう風にミッジでヒカリを釣ると、ようやく新しいシーズンが始まったって感じがしますね。

その後も、雨脚が強まる午後1時過ぎまでは安定したライズが続き、
Photo_3
こんなヤマメやヒカリが何尾か反応してくれました。

さすがにパラシュートはすぐに見切られて、その後いろんなパターンを試しましたが、反応が良かったのはピューパやイマージャーではなくスペント系のパターンでした。
多分、雨のせいで羽化に失敗した個体がたくさん流れてたんでしょう。

しかし、雨の中では繊細なスペント系のパターンは扱いづらい。
それに、フライのサイズを小さくすればするほど反応は良くなるんですが、そうするとフッキングが悪くなる。
さらには、魚の定位場所がだんだん流芯の向こうに移動しちゃって、ドリフトがなかなか決まらない。

そんなこんなで、悪戦苦闘の末にランディングできたのは結局5尾程度。
それでも、何十回かに一回はダウンクロスからのリーチキャストとメンディングが決まって、フライが静かにライズ・リングに吸い込まれる瞬間があって、ライズ好きにとってはそれはもうたまらない瞬間です。

まさか、3月第1週に雨の中でミッジングをするとは思ってもみなかったけど、あきらめないで出かけてみて良かったな。
これでようやく「祝・解禁!」の気分です。

P.S.
Photo_4
ライズの釣りの途中、橋脚の周辺で何回か大物らしきボイルが起きたので、密かに準備していた鮭稚魚ストリーマーを流し込んでみたら、1回だけ「コツコツッ」っとアタリがあったけどフッキングせず(涙)。
その後、大村さんがニンフをしつこく流したら見事フッキング!
リールが逆転するほどのファイトの末にあがってきたのは、40センチ近い巨大な「ウー様」でした。
あれはあれでなかなか面白そうでしたが。


|

« No Line On The Horizon | トップページ | 雨の後のミッジング »

コメント

いくら雨とはいえ、寒いですよねぇ・・・
sawaseさんも天候の善し悪しは、釣行する・しないの
条件にはならないのですね。岩手の人って・・・(笑)

とは言え、雨中頑張った甲斐がありましたね。
この切れ込んだ尾びれはヒカリですね? ^ ^

投稿: GEN | 2009/03/08 07:19

おおー
さすが!この時期ならではですね!
でも・・・・この時期の雨は雪よりつらいかもw
濡れちゃう分寒いですよね(笑

うー様のドラグファイトはすごいですよ!
シルバーの魚体がギラギラ上がってきた時は、サクラかぁ??ってなっちゃいます(笑

投稿: たけだ | 2009/03/08 09:21

>GENさん
岩手は広いですから(笑)
よっぽどの大荒れじゃない限り、あそこがだめならここ、という風に、どこかしら釣りになる場所はあるものです。
ま、そう思って出かけて全くダメな時もありますけど。

ちなみに、写真の魚はだいぶヒカリっぽいですが、あくまでもヒカリっぽいヤマメだと思います。
もう何年もそういう魚を釣ってませんが、完全なヒカリはもっと銀ピカで、触るとその銀ピカのウロコが手についてきらきら光るんです。
その様はまさに“ヒカリ”なんですよ。


>たけださん
もう袖口とかビショビショで、ライズが無かったらとてもじゃないけど気力が持たないくらい冷えました。

ところで、うー様の群れの中でボイルしてるやつ、絶対アメマスだと思うんだけど、釣れないんだなぁこれが。

投稿: sawase | 2009/03/08 16:21

そういえば、以前紹介していたティペット・スレッダーって
使ってみました?そっちの使用感も気になります。
昨日釣り具屋に寄った時に置いてあったら買っても良いかな?
あ、でもsawaseさんの感想を聞いてからの方が良いか。
なんて独り言言ってました。(笑)
まあ、そもそもブツがありませんでしたけど。(^_^;)

投稿: GEN | 2009/03/11 07:25

>GENさん
今のところ、使わないとアイにティペットが通らない様な状況で釣りをしてませんので、実釣では未使用です。
(まだとりあえず、明るいうちはミッジも大丈夫なので)
おそらく、真価を発揮するのはイブニングで小さめのフライを使う時かなぁ、と。

投稿: sawase | 2009/03/11 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/44269879

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中のミッジング:

« No Line On The Horizon | トップページ | 雨の後のミッジング »