« 中国製シルクラインのその後 | トップページ | GW初日 »

2009/04/30

偵察

4月29日(水)

北上山地(今は北上高地っていうんですね)の渓もそろそろ良くなってるんでは?
ということで、盛岡~宮古、岩泉間の渓の様子を見に行ってきました。

1
こちらは途中の峠から見た早池峰山の北面の様子。
まだ真っ白です。
ここが水源の渓はまだしばらく雪代が続くでしょう。

ここから東に下りながら何箇所か覗いてみましたが、先週末の雨の影響もあってどこも水量が多く、ドライで釣り上るのにはちょっと厳しい状況でした。
水色から判断して、本格的な雪代はほぼ終わっている感じなので、あと何日かすれば状況は良くなりそうですが。

ただ、途中の峠では道端にまだ結構雪が残ってたので、連休中に雪代が終わるかどうかは微妙ですね。


そんな状況でも、流れのゆるいトロ場や岸よりのたるみ、巻き返しなんかを狙って行くと、
4
こんなヤマメや
3
こんなイワナが反応してくれます。
このイワナ、巻き返しの岩の下に隠れてたのか、お腹の方まで真っ黒(というか真っ茶色)。
無理やり引きずり出したみたいでごめん。

そんなわけで山の方は、雰囲気的には去年よりも数日~1週間くらい季節の進行が遅れている感じがしました(それでも平年よりはだいぶ早いですけど)。
連休後半には良くなってると思いますが、連休前半はちょっと微妙な感じです。

連休にこちらにおいでになる方々、幸運をお祈りしております。


P.S.
5
こちらは閉伊川水系の小渓の、小滝下の巻き返しの泡の中から、まるでイワナのようにゆっくり出てきた8寸ヤマメ。
尾びれが擦り切れたようになってるので、たぶん成魚放流モノでしょう。

閉伊川下流域の支流群は、沿岸水系の例にもれず釣獲圧力が高いので、放流に頼っているというのが実態のようです。
分ってはいても、こういう“いかにも”な魚が釣れるのはあんまり気持ちのいいものではありません。
ここの漁協は、「サービス放流」とか言って40センチクラスのイワナや尺ヤマメを放流してるらしいけど、それって趣味として釣りを楽しむ釣り人のニーズからは相当ずれてるよなぁ。

居付きと思われるイワナのコンディションは悪くないだけに、漁協の増殖義務の果たし方についてはもうちょっと他のやり方があるんではないか、と思います。
そんなこと言ってられないくらい釣獲圧力が高いのかもしれませんが。

|

« 中国製シルクラインのその後 | トップページ | GW初日 »

コメント

こんばんは。
いつも教えていただいてありがとうございます。
早池峰、綺麗ですね。
やはり、見に行きたくなりました。
ETC渋滞は心配ですが、今のところ予定通りでかけようと思っています。
楽しみです。

投稿: magicloop | 2009/05/01 01:39

>magicloopさん
もう出発されましたかね。
Blogの更新楽しみにしてます。

投稿: sawase | 2009/05/01 19:56

あまり良い思いはしませよねぇ・・・
でもボロボロでも大きい魚が良いってひとは別に居るとおもいますよね。我が田舎でも放流は基本的に漁協組合員のためにされているような感じです。仕方が無いと言っては駄目なのでしょうけど・・・・どうしようもない現実ですね。

投稿: たけだ | 2009/05/02 15:49

>たけださん
成魚放流でも、釣り人を喜ばそうという姿勢があるところはまだまし、ってとこでしょうかね。
ま、こういうところでアピールしてけば、少しずつでも伝わっていくんではないかと。

投稿: sawase | 2009/05/02 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/44847404

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察:

« 中国製シルクラインのその後 | トップページ | GW初日 »