« 晩秋のメイフライ | トップページ | 鮭フライ »

2009/11/08

キャス練

今日は日中暖かかったので、息子と二人、北上川の河原でまったりとキャスティング練習。

Photo
ロッドは、1年生の息子でも楽に振れるであろう、ティムコの Infante 6’06”#3

最初は案の定、ロッドの振りが円運動になってしまって、後の地面を叩いたり、全然前に飛ばなかったり。
それでも、手首をなるべく使わないこと、ロッドを後ろに倒しすぎないこと、バックキャストをきちんと止めてポーズをとること、ぐらいをアドバイスしたら、少しはそれらしくなってきました。

よしよし、もうちょっと練習すれば管釣りデビューできるかな?(←親バカ?)


そうそう、今日の本来の目的は、2週間後に迫ったサケ釣りのために大村さんからお借りしているダブルハンド・ロッドに慣れること。

だったんだけど、何と、川に着いてからテーピング用のビニールテープを忘れてきたことに気付き、お父さんは仕方なく9’00”#8のシングルハンド・ロッドにWF8Fラインでの練習となりました。

・・・久しぶりの高番手ロッド、全然飛びません(涙)。

このくらいの番手になると、バットをきちんと曲げてやるには結構な力が必要。
そもそもキャスティングの基本がなっていない、という話もありますが、なまり切った体にはこれが結構な重労働でした。

ふう。
こんなんでサケ釣り大丈夫なんでしょうかねぇ・・・


*おまけ*
Photo_2
川の浅瀬には、産卵を終えたサケの死骸や、その直前の瀕死の個体が多く目につきました。
間近で見ると、その大きさに圧倒されます。
こんなのが釣れると良いんだけど。

|

« 晩秋のメイフライ | トップページ | 鮭フライ »

コメント

あら?
すごい、英才教育ですね(笑)
ラインを少し思い4#くらいを乗せると、竿が曲がって使えるかもしれませんよ?

お父さんのシャケは・・・
がんばって練習しましょう(笑)

そうそう・・・八幡平の管理釣り場。
リリース専門で3,000円/1日だそうです。
(-m-)ぷぷっ
お得になってました。

投稿: たけだ | 2009/11/09 09:22

まずはお父さんが見本になるようなしっかりしたキャストをしないと、ですね。 ^ ^

サーモンは再来週でしたっけね。既に産卵後の魚体がめいていると言うことは
遡上も終わり頃でしょうから、大変かもしれませんね。

ちなみに僕は今週末荒雄で遊ぶことにしました。
雪降るな~~~

投稿: GEN | 2009/11/09 17:16

>たけださん
英才教育というか、お父さんが川に行くための単なる口実です(笑)。
でも、ラインの乗りを感じさせるには、#4を乗せるのはありですね。

八幡平、完全リリースコースが出来てたんですね~
サケ釣りが終わったら、暖かい日を選んで(笑)行ってみます。

投稿: sawase | 2009/11/09 21:56

>GENさん
>お父さんが見本になるような・・・
はい、そのとおり(涙)。
思うに、お父さんも1番手上のラインを乗せるべきかもしれません。
でも、このクラスのフローティングのフルラインって他にあまり使い道が思い浮かばないし、あまり本数を増やしてもなぁ・・・

サケ釣りは・・・
まぁ、ダメでもともとです(笑)
遡上時期は川によって結構違うみたいですから、小泉川のそれが盛岡あたりよりも遅いことを期待するのみです。

・・・荒雄に行った方が楽しそうな気もするんですけどね。

投稿: sawase | 2009/11/09 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/46712305

この記事へのトラックバック一覧です: キャス練:

« 晩秋のメイフライ | トップページ | 鮭フライ »