« こんなフライで | トップページ | キャス練 »

2009/11/01

晩秋のメイフライ

10月30日(土)

この週末、なんだかいきなり寒くなりましたねぇ。
週明けにはこの辺りでも雪が降るとか。
雪ですよ、雪。

そんな中、この日は仕事で盛岡に来ていた大村さんに便乗し、おそらく今シーズン最後になるであろう荒雄川C&R区間に行ってきました。

予報を見ると、天気は週明けに向けてどんどん悪くなっていくみたい。
こういう時って、虫がどっと出たりすることがある半面、急激な水温低下で活性がドーンと下がったりすることもあるんだよなぁ。

とは言っても、天気に合わせて行く日を選べるような身分でもないし、良い方に転ぶことを期待するしかありません。

というか、そこは釣り人特有の楽観主義。

「今日はスーパー・ハッチ間違いなし!」

と、行く前から勝手に決め付けちゃったりして。(←ばか?)

で、到着早々、いつもの橋の上から流れをのぞいてみると・・・

60

いました!推定60オーバーの潜水艦!
下流の流芯付近には、他にも40~50センチクラスが結構見えています。
が、みんな底にべったり張り付いていて、なんだか活性低そう・・・


1_2
橋の前後のポイントは先行者があったので、朝イチで入渓したのは少し上流のこのポイント。
低い堰堤の下流側に、大村さんと左右に分かれて陣取り釣り始めます。

「虫が動くまではがっちり沈めるしかないだろう」と、大きなビーズヘッドにトレーラーで小さなクリーム色のニンフを結び、落ち込みから続く流れの筋をトレース。
落ち込みの脇や開きの方も、何回も何回も繰り返し流してみます。

が、全く反応なし。
沈める釣りが苦手な自分だけならまだしも、大村さんにも全く釣れてる様子はありません。

10時を過ぎたころ、ようやく小さなメイフライやカディスが出始め、散発ながらライズも起こるようになりましたが、落ち込み付近でライズしてるのはフライを食いきれないようなチビばかり。

開きの方で良型がライズしないかとしばらく観察したりしても見ましたが、その気配すらありません・・・

陽が昇れば少しは暖かくなるかと思ってたんですが、空には厚い雲(というか霧?)が垂れこめ、気温もなんだか下がってきてるような・・・

う~ん、もしかしてこれは最悪の状況かも?

ま、ここは早めのお昼で仕切りなおして、午後は魚が一番多そうな橋前後の区間で頑張りましょ!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、カップラとコーヒーで暖まった後は、皆さんがお昼で上がったところを見計らい、橋前後の区間へ再入渓。

ちょうどこのころから#18~20くらいのクリーム色のメイフライの流下が多くなり、ようやく良型っぽいライズが!

で、目の前に定位して一定のサイクルでライズし始めた魚に、#18のCDCソラックスダンをダウンクロスで流しこんだら、

42
出ました!40オーバー!
メジャーは当てませんでしたが、ネットの大きさからみて42~3センチくらい?
前回よりもちょっとだけサイズアップです。

この状況で、このサイズがマッチ・ザ・ハッチの釣りで釣れてくれたら、なにも言うことはありません。
いやぁ、来て良かった。

3
たぶん、やる気があって釣られやすい魚なんでしょう、口の周りに少し傷がありますが、ピンクのほっぺがきれいです。
GENさんも書かれてましたが、我々釣り人にこんなにも大きな楽しみを与えてくれる魚たち。
C&Rに対しての賛否両論はあるにせよ、C&R区間で釣りをする以上は、できるだけ魚にダメージを与えないような釣り方&リリースをしてあげないといけませんね。


さて、この後もメイフライの流下はだらだらと続き、ライズの方も散発ながら3時ぐらいまでは続いていました。

同行の大村さんも、同じようにマッチ・ザ・ハッチの釣りで良型をキャッチ。

私の方は、シビアな散発ライズに翻弄され、釣果を追加することはできませんでしたが、ライズを前にあれこれ考えながらの釣りは、それはもうたまらなく楽しい時間でした。


最初のころは、ニジマスが対象ということで管理釣り場の延長みたいに思ってたんですが、このサイズを対象にライズに熱くなれる釣り場は、北海道はともかく本州では貴重な存在かもしれませんね。
今シーズンは放流が少ないのか、フライへの反応も結構シビアだし、その分きれいな魚も多いしね。

これでライズの安定する時間がもうちょっと長かったら、もしかするともっと通い込んじゃうかもなぁ・・・


と、言ってるときりがないので、今シーズンの荒雄通いは今回でおしまい。

いや、もう行かないってば。
(↑誰に言い訳してるんでしょう?)

|

« こんなフライで | トップページ | キャス練 »

コメント

いや・・・行くな、あと一回。(笑)

だって、去年は雪降ってから行ったんでしょう?
遠野方面から、雪の中も良いよ~なんて声が聞こえてきそうだし。 ^ ^

最初に入った、低い堰堤は僕とかたけださんが、毎回良い思いを
してる堰堤ですが、今回はイマイチだったみたいですね。

ちなみに人出はどんなだったんですか?

投稿: GEN | 2009/11/02 07:34

あ・・・
GENさんの書き込みは・・・半分間違いです(笑
私はイイ思いはしてないんだなぁ(ーー;)
アソコは悔しい思いばっかりです(笑
まともにつれたのは2匹だし(-_-;)

んで?
次はいつ行くんです??(笑

投稿: たけだ | 2009/11/02 18:59

>GENさん
行きたい気持ちはあるんですけどね。
でも、月末のサケ釣りの準備(&キャス練)もしなきゃないし・・・

堰堤下も、もしかするとハッチの間は良かったのかも。
なんにせよ、シーズンが進んでスレてきたのと、急に寒くなって活性が下がったのとで、相当シビアな状況でした。

そうそう、寒くて天気が悪かったせいか、連休の時よりはだいぶ空いてましたよ。

投稿: sawase | 2009/11/02 20:10

>たけださん
だからもう行かないんだってば!

なんて、突然思い立って行っちゃったりして(笑)

投稿: sawase | 2009/11/02 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/46646609

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋のメイフライ:

« こんなフライで | トップページ | キャス練 »