« シルクラインのメンテ&チューニング | トップページ | ライン・ワインダー »

2009/12/13

もう1回・・・

先週ペンチングオイルでコーティングを追加したライン、だいぶ固まってきました。

けど、見た感じまだ気持ちコーティングが薄めかなぁ・・・


1
というわけで、固まったラインをさっそくワインダーに巻き取り、コーティングをもう1回追加しました。

1回目はオイルを中までしみ込ませる必要があるので、直径10センチぐらいの輪にしてオイルに浸けましたが、2回目以降はこの状態で筆などでオイルを塗ってった方が作業が早いです。
あと、以前にも書きましたが、こういうふうにテンションがかかった状態で乾燥させた方がいくらかでも表面が滑らかになるようです。

2
今のところ表面はこんな感じ。
まだだいぶ編目が残ってますが、少し厚めにコーティングしてからスチールウールやスポンジヤスリなどで表面を削るとだいぶ滑らかになるとか。

仕上がり具合を見て、場合によってはもう1,2回コーティングを追加するかも。

・・・やれやれ、手間のかかる子です。

|

« シルクラインのメンテ&チューニング | トップページ | ライン・ワインダー »

コメント

画材屋さんに行きOilを買ったが、その多さに吃驚でした。
私が買った物で良かったのかな~ぁ 

投稿: 照ちゃん | 2009/12/13 23:15

>照ちゃんさん
油絵用のオイルもいろんな種類がありますね。
お使いのオイルはクサカベ?
ちょっと調べたらサフラワーオイルが主体みたいですね。
自分が使ってるのはホルベインの亜麻仁油主体のやつですが、酸化重合して固化する乾性油が主体であれば何でも使えると思いますよ。
だいたい、もともとのコーティングに何が使われてるかも解んないですし、手に入りやすいもので十分だと思います。

投稿: sawase | 2009/12/14 23:36

ハケ塗りなんですかー
初めて知りました。まあ、方法はどうあれラインにオイルがしみ込めば良いのでしょうけど。
ハケの方が余計な油が付かないから良いかも知れませんね。

僕の方は、ナイロンのテーパーが中途半端なまま放置状態なので、
来期が始まる前にはなんとか形にしたいと思ってます。

投稿: GEN | 2009/12/15 22:23

>GENさん
テンションかけて乾燥させることを考えたらこのやり方に落ち着きました。
結果、オイルに無駄が出ないのでなかなか良い感じです。

ファールドでテーパー部分を作るなら、#100ぐらいの細い糸を使うとテーパーの調節がしやすいようですよ。

投稿: sawase | 2009/12/16 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/47013969

この記事へのトラックバック一覧です: もう1回・・・:

« シルクラインのメンテ&チューニング | トップページ | ライン・ワインダー »