« 謹賀新年 | トップページ | 量産中 »

2010/01/12

巾着袋?

世の中は3連休。

なんですが、子供の行事などでなかなかまとまった時間が取れない自分は、空いた時間にちょこちょこと手を動かして、こんなものを作ってみました。

Photo

これは何かといいますと、

Photo_2

見ての通り、リール・ポーチです。

自分の場合、シンプルで安価なリールが好きで何台か使ってますが、そういうのに付いてくるリール袋って、「とりあえず付けときました」的な、薄っぺらい生地のチープなものばかり。

機能面を考えても、もう少し厚手の生地でクッション性があった方が良いし、複数台持ち歩く時なんかはケースを開けてみなくても中身が判るような特徴が欲しいよなぁ。

で、思い立って自作してみた次第。

Photo

今回は、5~6年前のフライロッダーズ誌に出てた記事を参考に、表地は気に入った柄のコットン、裏地は厚手のフリースで作ってみましたが、要は円筒形の巾着袋、思ってたほど難しくはありませんでした。

これなら、使う竿のロッドソックスと柄を合わせたりもできるし、生地もそんなに使わないので、端切れを使えば1台ごとに生地を変えて作るのも無理がありません。

・・・もう何個か作ってみるかな。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 量産中 »

コメント

お!これは良いですね!
僕も作ってみたいけど・・・作り方が全然わかんない。
今度作る時は手順通りに写真を公開してください。(笑)

ところで、外袋はコットンってことですが、
外も化繊を使った方が良くないですか?
最近使ってるスペイライン用のリールは、
練習後かなりの水が滴り落ちます。
コットンは水を吸って乾かないですよね。

自分で作ってる竿袋も同じようなことを
考え始めてたりします。

投稿: GEN | 2010/01/12 07:21

とても素敵なケースですね。
欲しいな。
絶対売れます!

ビニールのケースだと意外にかさばって、バッグが膨らんでしまいますし、このようなポーチですとオールドリールも安心して運べますね。

投稿: シェフ | 2010/01/12 11:02

>GENさん
今回は、手順や仕上がりがどんなもんか、とりあえず作ってみたというところです。
色々見えてきたので、次に作るときは手順も合わせてUPできるよう頑張・・・ってみますが、あまり期待しないでくださいね(笑)

生地の件ですが、確かに、太くて長いラインを水に浸ける機会の多い高番手用の場合は、渇きの早い生地を使った方が良いと思います。
自分も竿袋を作るときは、最近は意識して化繊か麻混を使うようにしてるんですよ。
それでも低番手リール用なら、リールごと水につけない限りそんなに濡れるもんでもないし、裏地が渇きの早いフリースなので、表地ぐらいは見た目や手触り優先でも良いんではないかと。
あとは、手芸店の店頭に手頃な化繊の端切れがなかったという事情もありますけどね(笑)

投稿: sawase | 2010/01/12 19:40

>シェフさん
お褒めいただきありがとうございます。
ほぼ雑誌記事通りに作ったので、これで商売するわけにはいきませんが(笑)
でも、一つ作ってみて色々改良点も見えたので、その時には・・・?

>ビニールのケースだと
そうですね。ハーディのジップケースなんか無駄に大きくて、通気性はないわビニールは破けるは・・・
いや、ハーディのリール自体は大好きなんですけど。

投稿: sawase | 2010/01/12 19:48

これは・・・・
かっこいいですね!!
裏地がフリースのがなんか、機能的。
ま、私はリールをイチイチケースにしまうのすら面倒な人なので・・・
必要ないかも(笑
ハーディーのリールケースの巾着は、小物入れになってます((汗

投稿: たけだ | 2010/01/15 09:52

>たけださん
>リールをイチイチケースにしまうのすら面倒
あらら。
それだとリールがキズキズにならない?
ハンドルがウッドだったりすると欠けちゃったりとか。
そういう人こそぜひこのポーチを使いましょう!
売ってあげるから!(爆)

投稿: sawase | 2010/01/15 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/47269475

この記事へのトラックバック一覧です: 巾着袋?:

« 謹賀新年 | トップページ | 量産中 »