« フェルールキャップ | トップページ | J. Austin Forbes AERIAL »

2010/04/20

山のイワナ

4月18日(日)

「週末には寒さも和らぐでしょう」との天気予報を受け、大村さんと「じゃあ、今週末に決行しましょう」と約束したのが1週間前。

にもかかわらず、日が近づくにつれ天気予報はどんどん悪い方に向かいます。

前日の土曜日はとても4月下旬とは思えないような寒さで、なんと東京でも雪が降ったとか。

状況は絶望的ですが、来週もどうなるかわからないし、ま、ダメもとで行ってみましょ。

Photo
向かったのは、沿岸の単独小河川の源流部。

源流と言ってもそれほど険しくはなく、規模も手ごろ。
アクセスがあまり良くない(30分~1時間は歩かなきゃない)ために上流部には良いイワナが結構残ってるそうですが、それでも5月の連休を過ぎると大分抜かれてしまうみたいで、極端に魚影が薄くなるとか。

行くんなら4月中だね、ということでこの日の釣行となったわけですが、行ってみたら周囲には昨夜降った雪がまだ残ってるし、朝イチの水温は4℃(涙)。

ドライはあきらめてニンフで釣り上りますが、ニンフの苦手な自分には全く釣れる気がしません。

それでも、しばらく釣り上がったところで大村さんが良い型をHIT。
Hit

この辺りから日も差し始めて、再び水温を計ると5.5℃。

活性も少し上がってきたみたいだし、これはドライでも出るかもなぁ。

で、フライを#14アダムスパラシュートに換え、淵の開きや巻き返しを狙ってみたら、
Photo
こんなイワナがゆっくりと浮上してきてフライをくわえてくれました。

そのあとも、同じようなポイントから
Photo_2
こんなのが何尾か。

写真のイワナは、フライが巻き返しに着水するとほぼ同時に飛び出してくるほど元気でしたが、それ以外は巻き返しや開きからゆ~っくり出てくる感じで、まだちょっと活性が低いんだな。

ま、この天気の中でドライで釣れただけでも良しとしないといけませんね。

魚影の方も、奥に行くほど濃くなる感じで、チビッコの姿も結構見えたので、再生産がきちんと行われてる様子が確認できて一安心。

ここはもう少し暖かいときにもっと奥まで詰めてみたいなぁ。
体力があれば、だけど(笑)


P.S.
703e1
この日活躍してくれた大村ロッドの703E1。

大村さんがこの渓をイメージして作ったというだけあって、キャスティングレンジや魚とのバランス、バックが取りづらい場所でのロールキャストのしやすさなど、この日の釣りにはドンピシャでした。
4pcというのも、こういう歩きが長い場所では便利です。

この竿、ご本人がHPで、
「ドライフライでの釣り登り用。アキュラシー性能に優れていて、風にも強い。」
と説明されていているので、硬い竿をイメージする方が多いかもしれませんが、実際に使ってみると、むしろ全体的なしなやかさが際立ちます。
風に強いというのは、ラインスピードの速さではなく竿全体がしなることによって得られるトルクから来ている感じ。
その一方で、ティップの抜けというかキレが良くて、アキュラシー性能にも優れているという、なかなか他にはない竿だと思います。
何というか、良い意味で良くできたグラスロッドのようなフィーリング。
おそらく、このアクションはカーボンフェルールだから出せるんじゃないかな。

小渓流の釣り上りでは、とっても頼りになる1本です。

|

« フェルールキャップ | トップページ | J. Austin Forbes AERIAL »

コメント

かっこいいリールが付いてる!!
と思ったら・・・借り物でしたか(笑)
これ欲しかったんだよなぁ・・・・

竿のフィーリング的にいうと・・・
私も好きそうな感じです(^^

投稿: たけだ | 2010/04/23 11:31

>たけださん
竿もリールも自分のですよ。

竿の方はそのうち振ってみてください。
リールについては後ほど。

投稿: sawase | 2010/04/23 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/48129487

この記事へのトラックバック一覧です: 山のイワナ:

« フェルールキャップ | トップページ | J. Austin Forbes AERIAL »