« 5月中旬の釣り | トップページ | イワナが沸いた日 »

2010/05/25

新緑の渓で

5月22日(土)

今年も、シェフさんを岩手の渓にご案内することができました。

先週まで、めぼしい渓はどこも増水で厳しい状況だったんですが、この週は毎日暑いくらいの天気。

この天気なら、あそこは雪代も終わって爆釣に違いない、と踏んでご案内したのは
Photo_14
2週間前には雪代大増水だった山奥の渓。

この日は終日天気が良く、芽吹き始めた木々の新緑がまぶしいくらいに輝いています。

周囲には、#16くらいのミドリカワゲラの仲間(いわゆるイエロー・サリーですね)やマイクロカディス、ガガンボ、ユスリカなどの姿が目立ち、釣れそうな気配がムンムン。

朝一は反応が薄かったものの10時くらいからは活性も上がり、ここぞというポイントからは、
Photo_15
ようやくこんなヤマメや、
Photo_16
こんなイワナが。

Photo_17
良く肥えた9寸クラス。
トルクのある良い引きでした。

が、シェフさんは久しぶりの釣りに苦戦されているようで、なかなか最初の1尾が出ません。
ここは、増水の引き際なんかは爆発することがある半面、渇水で天気が良すぎると途端にシビアになるんですが、どうやら今日は後者のよう。
ここならば比較的ロッドも振りやすいし、あわよくば雪代の引き際で爆釣、と考えていたんですが、完全に裏目に出てしまいました。

今から思えばもっと早くに川を変えればよかったんですが、それでも魚影が見えたりライズがあったりで踏ん切りがつかず、結局2時過ぎまでノーフィッシュ。

まずい、遠来のゲストをボーズのままお帰ししてはガイド失格だぞ(汗)

考えたあげく、帰りまでの時間も限られているので、峠を越えて盛岡方面に戻り、ややボサがかぶってはいるものの魚影は確実な渓へ。
が、張り出した枝にフライを取られやすいこともあり、ここでも苦戦が続きます。

時間も午後5時を過ぎ、ここがダメならもう上がろうという最後のポイントで・・・

Photo_18
なんと!尺近いヤマメ!

最後の最後にようやく出てくれました。
それも、今シーズンは私もまだ釣っていない9寸越え!
なんともドラマティックなエンディングです。


シェフさん、これに懲りずに(?)また遊びましょう。
今度はもう少しイージーに釣れる場所を探しておきますので。

|

« 5月中旬の釣り | トップページ | イワナが沸いた日 »

コメント

さじの上げ下げまでお願いしてしまい本当にかたじけなく思います。マエストロこそ懲りないことを願っています。それにしても素晴らしい一日でした。ありがとうございました。

投稿: シェフ | 2010/05/25 14:46

>シェフさん
最後は自分で釣ったのと同じくらい嬉しかったですよ。
釣れない時間が長くても、こうやってフィールドで過ごした一日は楽しい記憶です。

投稿: sawase | 2010/05/25 21:03

岩手の渓も新緑がまぶしい時期になったんですね。
こんな景色を見ちゃうと、すぐにでも行きたいところですが
地元の川にも行かなくちゃいけないし・・・

ってことで、そっちに行くのは7月になっちゃうかなぁ。
アングラーズクラフト展の時に足を伸ばせれば良いんですが
その翌週もイベントがありますからねぇ・・・

投稿: GEN | 2010/05/26 15:51

>GENさん
この日は良い天気でしたが、今年はシーズンの進行が遅れ気味です。
今日もフリースを着込むぐらい寒いですし。

でも、こういう年は後半にでかいのが出たりするんですよね~
色々落ち着いたら、無理せずゆっくりいらしてください。

投稿: sawase | 2010/05/26 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/48449876

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の渓で:

« 5月中旬の釣り | トップページ | イワナが沸いた日 »