« 激戦区 | トップページ | 梅雨空の下で »

2010/06/14

続・イワナが沸いた日

6月13日(日)

岩手の内陸部は連日暑い日が続いています。
5月末まで寒いくらいだったのが6月になった途端に暑くなり、気温の変化が激しくて体調の方もなんかイマイチ。
かれこれ2週間くらい、くしゃみ・鼻水がだらだらと続いてます。

遠出する元気もないし、どこか近場であまり暑くないところはないかな、と天気予報を見ると、沿岸部はそれほどでもない様子。
特に、標高の高いところなら先週のC&R区間よりは状況が良いんではないかな。

というわけで、



向かったのは、沿岸方面の山の上の渓。

1_0_
朝イチ、堰堤上のフラットから入渓すると、対岸の岩盤の際から

1_1_
こんなイワナや、流芯からは

1_2_
こんなヤマメ。

ここぞというポイントからは必ず反応があって、7~8寸クラスが面白いように反応してきます。

このままあっという間にツ抜けるかと思ったんですが、ところが、次の入退渓ポイントを境にぱったりと反応がなくなりました。
これは多分、昨日だれかがここから上流をやったばっかりなんだな。

1_3_
この上も良い渓相が続くんだけどなぁ。

仕方がないので、一旦退渓してずっと上流の区間に入りなおすことにしたんですが、またまたこれが大当たり。

2_0_
朝イチの場所よりは若干小規模になりますが、周囲の木々による日陰も増えて水温の上昇が抑えられるのか、イワナ達はすこぶるご機嫌。
開きからも巻き返しからも、8寸前後が素直に反応してきます。

退渓点となる堰堤の少し下流にある
2_2_
こんな小滝下のプールのど真ん中から浮上してきたのは、

2_1_9
本日ここまでで一番の9寸イワナ。
こういうポイントでこういうのが出てくれると嬉しいなぁ。

この後、堰堤のすぐ下の、大岩で形成されたポイントの巻き返しで静かにフライをくわえたのは、
2_3_
29センチほどの泣き尺。
かけた直後に岩の底に潜られ、ティペットが切られるかとはらはらしましたが、一か八かで半ば強引に引きずり出し無事ネットイン。
よしよし、だんだんサイズアップしてきたぞ。

そして迎えた最後の大場所、堰堤下の深いプール。
でかいのが付くとしたら両側の巻き返し。浮いてる魚は見えないし、この深さだとフライはでかい方が良いな。
と、左岸側の泡がたまっている反転流に#10アダムスパラシュートを流し込むと、大きな影が浮いてきて、ゆっくりフライをくわえました。

・・・いやぁ~強かった。
2_4_
体長は尺ジャストながら、どうです、この太さ!

2_5_up
上あごが発達し始めた、立派な尺イワナです。

こんな風景、こんな天気の中で、おまけに数も型も見られるなんて、ああ、なんという幸せ!





P.S.
実はこの時点でまだ午後の1時過ぎ。
帰り道、本流の大プールをちょっと覗いてみたら、オドリバエの大規模なスォーミングと、それを捕食する激しいライズに遭遇。
オオマダラらしき大型のメイフライも同時に出てましたが、ライズの仕方から捕食対象はオドリバエに違いないと判断し、それっぽいフライをプールの真ん中にロングキャストすると、
Photo
こんな7~8寸のヤマメが入れ食い状態に。

なお、試しに流してみたオオマダラのパターンにはまったく反応がなく、オドリバエのパターンに戻すとそれまでと同じように釣れ続きます。

特別大きいのは出ませんでしたが、捕食対象を読み、それにマッチしたフライをロングキャストして釣るのは、フライフィッシングならではの喜び。
オドリバエの姿が見えなくなってライズが収まるまでの1時間強、至福の時間を味わいました。

それにしても、一日のうちにこんなに釣れちゃって良いのかしら?

|

« 激戦区 | トップページ | 梅雨空の下で »

コメント

もう開いた口がふさがらないとはこの事です。
誰の口かと言うと、イワナとヤマメです。
うらやましいを通り越してうらめしい、と言う感じです。

投稿: シェフ | 2010/06/15 01:17

あら?そろそろ渇水で厳しいかとも思っていましたが。
山の上は大丈夫だったんですね!
雨でも降ったのかなぁ?

オドリバエとカゲロウでそんなに反応違うもんなんですね!
むむむ。
私も日中に釣りに行きたい(笑)

投稿: たけだ | 2010/06/15 10:51

sawaseさん こんにちは。
やりましたね!尺イワナゲッチュ!おめでとうございます♪
丸太のような魚体。。。迫力ありすぎですねぇ。

北上周辺の今期良型イワナっこは、顔は厳ついものの魚体はヒョロッヒョロです(ちと悲しい)

投稿: river guide 510 | 2010/06/15 18:11

>シェフさん
いやいや。
ほんとに、イワナやヤマメの口が開きっぱなしのような一日でした。
こればっかりは、地元民が毎週通ってても当るかどうかは時の運ですから。
過去の経験から言うと、梅雨の谷間の晴れ間にもこういう日がある可能性があります。(悪魔のささやき?)
またぜひいらしてください。

投稿: sawase | 2010/06/15 20:31

>たけださん
どうでしょう?
おそらくは、雪代の終わる時期とハッチのタイミングのバランスかな、と思います。
水量自体はかなり減水してましたので。

最後の本流ポイントは車止めからすぐのメジャーな場所なので、おそらく相当いじめられてるんじゃないかと。
フライへの反応は相当シビアでした。

子育て期間中は、イブニングに行かせてもらえるだけでも御の字ですよ。
物心がつくまでの間にどれだけ信頼関係を築けるかが、その後の親子関係を左右しますよ!

投稿: sawase | 2010/06/15 20:38

>river guide 510さん
ありがとうございます。
この尺イワナ、堰堤下の巻き返しという特等席にいましたので、おそらく相当楽に餌にありつけてるんでしょう。
山奥のイワナだと、おっしゃる通り蛇のようにひょろ長いやつが多い気がします。
そういう奴でも、秋まで残ってくれれば少しは太くなるはずなんですけどねぇ。

投稿: sawase | 2010/06/15 20:44

尺ものおめでとうございます~
こっちは魚も多いけど人も多いので、なかなかでかいのがバンバンという状況にあたりません。。

この沿岸の渓、渓相もよさげでいい感じですね。なにより緩やかで歩きやすそうなところが気に入りましたwww

投稿: 遠野わらべ | 2010/06/16 22:29

>遠野わらべさん
ありがとうございます。
遠野は今や全国ブランドですもんね。
逆に、あれだけ人が入ってもしっかり釣れるのはすごいと思います。

この渓は、区間によっては大岩がゴロゴロの場所もありますが、全体的に山岳渓流としては歩きやすい方です。
岩が大きくて落差の大きい渓は、年齢とともにだんだんきつくなってきますね(笑)

投稿: sawase | 2010/06/16 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/48632008

この記事へのトラックバック一覧です: 続・イワナが沸いた日:

« 激戦区 | トップページ | 梅雨空の下で »