« 2010 渓流ファイナル | トップページ | 管理釣り場で »

2010/10/18

竿の修理

このところ更新が滞っていた原因は、実はこんなことを始めちゃったから・・・

1_2
こちら、渓流禁漁直後の管理釣り場にて、不注意からパキッ!とやってしまった209Eのティップ。

今月下旬には荒雄で使いたいし、大村さんに修理をお願いするのは、受け渡しの時間を考えると厳しそうだなぁ・・・

そうだ、自分で組んだロッドだし、修理も自分でやってみよう!
ということで、大村さんに電話やメールでアドバイスを受け、早速やってみたというわけです。

今回は、スプリット6本のうち、折れた部分の反対側の3本程度にはほとんどダメージがなく、折れたスプリットもほとんど縦に裂けるような折れ方。

こういう折れ方のときは、アクションまで元通り、とはいきませんが、釣りに使える状態に直してあげるのはそれほど難しくありません。

以下、大まかな手順。

Photo_6
まず、裂けた部分に接着剤をしみ込ませ、竹の繊維ができるだけ元通りに繋がるように張り合わせてやり、接着剤が硬化するまで水糸でバインディング。

Photo_7
接着剤が完全に硬化したら水糸をほどき、表面に残った接着剤を360番くらいのサンドペーパーで落としてやります。
接着がうまく行ってれば、この状態でもつなぎ目がわからないくらいになるけれど、強度確保のため、写真の様に白のシルクスレッドで接着し直した範囲をラッピング。

この上からエポキシコートを掛けるとスレッドが完全に透けます。いわゆるインビジブル・ラップというやつですね。
なので、できるだけ細い糸でラッピングし、エポキシもスレッドに染み込む分以外は拭き取るぐらいのつもりで作業してやれば、ちょっと見ただけでは分からないくらいにできると思います。


が、今回の竿はもともとがオイルフィニッシュ。
なので、インビジブルラップで直した部分だけエポキシコートがテカテカしてて、いかにも「ここ直しました!」って感じ。

これは全塗装するしかないかな、ということで、
Photo_8
タミヤの低速ギアセットを使ってこんなものを作り、

Photo_9
こんなことを始めてしまいました・・・


修理用に買ったユーロイド接着剤も、バインディング用の水糸もたっぷり残ってるなぁ・・・

・・・そのうち竹を削ってしまいそうな自分が怖い今日この頃です。

|

« 2010 渓流ファイナル | トップページ | 管理釣り場で »

コメント

おー
すごいことになってますね。 ^ ^
多分電池で動かすモーターに不満が出てきて、AC電源のモーターに換えて・・・
気づけばフォームを買ってしまって、あれ?竹削ってるぞ、みたいな。(笑)

投稿: GEN | 2010/10/18 06:38

あれ?sawaseさんってまだフォームとか持ってなかったんですっけ??
↑とか、わざと言ってみる(笑)
春までには竹割りから一本出来ていそうですね(^^;
ところで・・・・
オイルフィニッシュの竿に塗装って乗るんですか??

投稿: たけだ | 2010/10/18 09:24

>GENさん、たけださん
いやいや、実際に竹を削ろうかと考えると、それまでには越えなければならないハードルがたくさんありますよね。
そういえば、レオンでまた格安フォーム売ってたなぁ・・・

そうそう、オイルフィニッシュの竿でも表面のオイルが硬化してれば、その上に塗料を乗せるのは全然問題ないです。
ただ、蜜蝋なんかのワックスが塗ってあると、薄めに調合した塗料なんかは弾いちゃいますね。
それを避けるには、塗料を乗せる前にアルコールとかで塗装面をクリーニングしてやると良いようです。

投稿: sawase | 2010/10/19 22:02

友人から譲ってもらった道具一式がいまだ眠って・・・。
あー、今年こそ作ろうと頭では思うのですが体が(笑)
sawaseさんの場合は、後もう一押しでそちらの世界に行きそうですねwww

投稿: 遠野わらべ | 2010/11/04 20:06

>遠野わらべさん
道具一式お持ちなんですか?
それで竹を削らないなんてもったいない!
木工旋盤も導入されたようですし、ぜひスタートさせましょう!

自分の場合、頭の中で手順はだいぶイメージできてるんですが、その道具一式の購入になかなか踏み切れずにおります。

投稿: sawase | 2010/11/05 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/49765000

この記事へのトラックバック一覧です: 竿の修理:

« 2010 渓流ファイナル | トップページ | 管理釣り場で »