« 竿の修理 | トップページ | 激混みの荒雄川 »

2010/10/20

管理釣り場で

10月11日(月・祝)

シーズン・オフと言えば管理釣り場。

Photo
ここ、八幡平市の「ユーランド清水川」は、お持ち帰りなしの完全リリースの場合、一日遊んでも一人3千円とお手頃価格。

今日は息子にフライで釣らせるのが目的です。

息子に使わせたのは、ヤング・ミッジのコピーロッド。
渓のイワナ・ヤマメにはちょっと強めですが、竹竿にしては軽くて7歳児にも振りやすく、それでいてデカニジマスにも十分対応できるパワーがあって、ニジマス相手には良い仕事をしてくれます。

息子のキャスティングは、ラインの長さを固定したピックアップ・レイダウンのみ。
あまり重いフライは使いませんが、それでも水面下の釣りが中心なので、トラブりやすいフォルスキャストはもうちょっと上手になったら教えるからね。

それでもさすが管理釣り場、最近某誌で釣れると話題のフライを使ってたせいもあるかもしれませんが、最初に投げ方をちょっと教えたら、そのあとはコンスタントに釣果を伸ばし続けてました。

魚のアベレージサイズは30~40センチですが、午後、ちょっと目を離してたら
Photo_2
こんなことに。

思わず動画を回してしまいました。



上がってきたのは、お持ち帰りOKの釣り堀とは思えないような、
50
素晴らしい魚体のレインボー。

よっぽど強烈な引きだったらしく、息子はこの後しばらく「疲れた~」と、その辺の草むらで大の字に。

帰りの車の中でも、「あ~、目つぶると魚に引っ張られる感じがする~!」と、しばらく興奮が収まりませんでした。

よしよし、また一歩立派な釣り師に近づいたぞ。(ニヤリ)

|

« 竿の修理 | トップページ | 激混みの荒雄川 »

コメント

素晴らしい、羨ましい、言葉が出ません。
この伝承こそが素敵な親子関係のみならず、将来のFFマンを育てるのですね。

リバーランズスルーイット!

投稿: シェフ | 2010/10/20 01:54

>シェフさん
伝承、と言うほどのものでもないですが、とりあえず親父がやってることに興味は持ってくれてるみたいです。
こんな面白い遊び、子供たちの世代にも伝えていかないといけませんね。

投稿: sawase | 2010/10/20 22:14

おおー!
すばらしい!これで、川や管理に行く名目が・・・・(笑)
我が家の坊主は・・・まだしばらく先だなぁ(^^;

投稿: たけだ | 2010/10/22 09:19

>たけださん
おそらく年内あと2回くらいは行きそうな気がします(笑)
やっぱり、フライロッドを無理なく振れるようになるのは7~8歳くらいかなぁ。
でも、意外とあっという間ですよ!

投稿: sawase | 2010/10/22 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/49791626

この記事へのトラックバック一覧です: 管理釣り場で:

« 竿の修理 | トップページ | 激混みの荒雄川 »