« 5月の釣り | トップページ | 6月の釣り その2 »

2011/06/21

6月の釣り その1

このところ更新が滞っております。

色々と忙しい、というのもあるんですが、更新したくなるような良い釣りができてない、ってのも一因。

ま、ぼちぼちUPしていきます。



6月4日(土)

それまで肌寒い日が続いていたのが、この2~3日前から一気に暑くなり、「これはイブニングに爆発するでしょう!」と、夕方から雫石方面へ。

しかし、着いてみたら土砂降りの夕立(涙)

本流は見る見るうちに濁ってきます。

仕方なく移動した両面護岸の里川。

ここは濁ったりはしてなかったけど、暗くなるまでは全く反応なし。

暗くなり始めた7時過ぎ、ようやく大きめの虫(オオマダラ?)のハッチが始まり、トロ場の開きでライズしてた8寸ヤマメを何とかキャッチ。

だけど、その上でライズしてた大物はばらすし、最後の最後にライズし始めたもっと大きいやつはかすりもしなかった(涙)

しかもカメラ忘れるし。

とぼとぼとクルマに戻り帰り支度をしてたら、ライトにぱたぱたと集まる蛾のような虫。

・・・ヒゲナガでした。

これか!これだったのか!





6月5日(日)

今日は息子とドライブ。

0605001
虫や鳥、草木などが好きなこともあり、迷わず山へ。

060502
もとい。
正しくは「山の中の川へ」、ですね。
だって、昨日の釣りはイマイチ納得できなかったんだもん。

060501
「お父さんが釣ったイワナを飼育ケースで観察する」の図。

060503
一応は自制心を働かせ、息子を置いてどんどんウェーディングしたりすることの無いように、長靴で竿を出せるポイントを何カ所かやってみただけだったけど、それでもこんなサイズがビシバシ反応してくれました。

めぼしいプールでは必ずライズがあったし、もしかしてこの日は一日釣りしてればイワナ祭りだったかも?

060505
帰り道。
近郊の里川で「ガサガサ」に興じる息子。

ちょっとだけテンカラにも挑戦してみて、何度かヤマメが毛バリをくわえたんだけど、うまく合わせられません。

残念。

060506
それでも、網でこんな小魚(ハヤの稚魚かな?)を捕まえて歓声を上げてました。

そうだよな。

釣りじゃなくても、まだこれで十分楽しいんだよな。

また一緒に来よう。





P.S.
060504
森で見かけた、メタリックブルーに輝く謎の昆虫。
体長5センチ位と、結構な大きさでした。

なんていう虫でしょう?

|

« 5月の釣り | トップページ | 6月の釣り その2 »

コメント

お子さんとの釣り、良いですねぇ。
親子でFFしながら川を釣り上がるのも、そう遠くはなさそうですね。
うちもぼちぼち情操教育を始めないと・・・(笑)

投稿: 遠野わらべ | 2011/06/21 23:07

最近、昔からブログをやってるベテラン釣り師の皆さんの更新が鈍いですね。
渓流だけでも40くらいのサイトをチェックしてる私が言うのだから、間違いありません。
虫はツチハンミョウの仲間でしょう。
たしか、触ると毒を噴射しますので、注意!

投稿: あひる | 2011/06/22 00:29

>遠野わらべさん
子供用ウェーダー、買おうかどうしようかマジ迷ってます(笑)
けど、まだ身長130cmちょっとだから、川通しで釣り上るのはまだちょっと厳しいかな。
ま、マジな釣りはできなくても、子供と川で過ごすのは楽しいもんです。

投稿: sawase | 2011/06/22 21:32

>あひるさん
ベテラン=寄る年波、ってことじゃないでしょうか。
ましてや震災後のこの状況では、仕事が終わって帰ってくると疲れちゃって。
日ごろの運動不足もあるけど、厄年を過ぎたあたりから、週末にあんまり一生懸命釣りしちゃうと翌週前半は疲れが残っちゃうんですよねぇ。

この虫はツチハンミョウですか、なるほど。
名前も知らなかったけど、毒があるってのも初めて知りました。
触らないでおいて良かったぁ。

投稿: sawase | 2011/06/22 21:42

あ・・・・
ちゃんと行くとこは行ってたんですね(笑)

投稿: たけだ | 2011/06/23 17:48

>たけださん
行くことは行きました。
子連れですがね(笑)

投稿: sawase | 2011/06/23 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/52006894

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の釣り その1:

« 5月の釣り | トップページ | 6月の釣り その2 »