« 6月最後の釣り | トップページ | 2011 夏の釣りの記録 »

2011/07/18

7月前半の釣り

7月3日(日)

そろそろ閉伊川本流も良い頃かな?

行ってみたら、週半ばに降った雨の影響で、本流はまだ増水中(涙)

Photo_5
やむなくこんな支流へ。

ここでは、20センチ前後のかわいいイワナがたくさん反応してくるけど、いまいちサイズが上がらない。


早々に見切りをつけ、この後は峠を越えて別な水系の上流部へ。

Photo_6
いつも良型が付いてる、お気に入りのプール。

岩盤の際に定位してたのは、
Photo_7
ちょっとスリムな8寸ヤマメ。

少し深い所に見えていた一回り大きいやつは、こいつを掛けたら流れ込みの泡の下に消えて行きました・・・




7月9日(土)

今日こそ閉伊川本流。

Photo_8
朝一は、とある支流の流れ込み付近。

まだ水量が若干多めで、流芯の向こう側にフライを流すのはちょっと厳しい。

流れの手前側でも反応はかなりあるけど、型はそれなり。

Photo_9
良型を求め、さらなる大場所へ移動。

沢の流れ込みの巻き返しで、静かにフライを吸い込んだのは
Photo_10
虫食い模様のはっきりした9寸クラス。

やっぱり巻き返しだよなぁ。


この後、日が高くなるにつれてぐんぐん気温が上がり、本流はなんだか釣れる気がしなくなってきたので
Photo_11
こんな沢へ。

Photo_12
やっぱり、暑い日中は沢のイワナ釣りだな。








7月16日(土)

あまり時間が取れないので、近場のC&R区間へ。

Photo_13
水、ありません(涙)

それでも良型の実績はある区間なので、水量のある場所や日陰を中心に探っていったら、張り出した枝の下の瀬の肩で、
11
ゆっくりフライに浮上した9寸クラス。
この川のイワナらしい、太さのあるたくましい魚体です。

12
顔つきは愛嬌があるけど。


さて、日が高くなってからは
Photo_14
こんな上流部へ。

この辺の上流まで来ると、
Photo_15
釣れるイワナもこういう白っぽい魚体が多くなります。

Photo_16
特徴的な体側の朱点。

Photo_17
透通った、力強い尾びれ。

渇水気味で結構シビアだったけど、こんなきれいな魚に遊んでもらえれば十分満足です。

|

« 6月最後の釣り | トップページ | 2011 夏の釣りの記録 »

コメント

先週金曜~日曜でそっちにいました。
暑くて日中はほとんど反応が無くて、イブニング一本勝負的でしたねぇ。
梅雨時にあまり降らなかったようで、どこも微妙に渇水気味だったのも理由の一つでしょう。
C&Rの川は、安定して釣れてるんですか?
一度くらいは釣ってみるのも良いかな?と思いつつ、いまだに機会に恵まれません。

投稿: GEN | 2011/07/19 09:07

>GENさん
なかなかタイミングが合わせられなくてすいません。
今年は梅雨明けのタイミングが早過ぎて、日中はどこも厳しいみたいですね。
C&Rの川も、普段からプレッシャーが高いだけに渇水しちゃうとかなり厳しいです。
良い魚がいるのはわかってるので、増水の引き際とか、あるいは渇水してても良いハッチに当たると良い思いをすることもあるんですが。
アクセスが良いので時間があまりないときは良く行ってますが、正直外すことも多いです。
これからの季節だと、期待できるのはやはりイブニングか、秋口のメイフライのハッチ時期ですかね。
またいらっしゃるときに条件が良いようだったらご案内させていただきます。

投稿: sawase | 2011/07/20 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/52230329

この記事へのトラックバック一覧です: 7月前半の釣り:

« 6月最後の釣り | トップページ | 2011 夏の釣りの記録 »