« 思いがけず | トップページ | 9月の釣り風景 »

2012/09/01

その後の8月の釣り

今日から9月だって言うのに、いつまでも暑いですねぇ。

こう暑いと釣りの方も厳しいですが、とりあえず8月の釣行を記録しておきます。

8月12日

今日から1週間の夏休み、ということで、八戸から盛岡に向かいながら、途中良さそうな渓をつまみ食い。

0812
安家川の支流で。

0812_2
こちらは丹藤川の支流で。

どこも超渇水でなかなか厳しかったけど、ハッチがあれば面白そうなポイントはしっかりチェックしてきました。




8月14日~16日

息子とタイマグラで2泊3日のキャンプ。

0814
途中立ち寄った閉伊川の支流。

森の中はだいぶ涼しいですが、ここもやっぱり超渇水状態でした。

0814_2
それでも、夕方にキャンプ場の脇でなんとか良型が釣れたので、無事にキャンプ開始。

0814_3
普段は100%リリースですが、今回は重要な食材。
炭火でじっくり焼いて、ありがたく頂きました。

0815
その後の2日間も、飯食って釣りして飯食って・・・以下略(笑)

キャンプして釣った魚を食べる、という体験。

息子の記憶に残ってくれれば、釣りバカ親父にとってこれ以上の幸せはありません。

来年もまた来ような。





8月17日

0817
この日は大村さんと荒雄川へ。

B区間のヤマメもA区間のデカニジも、という欲張りな計画でしたが、着いてみたら思った以上の高温&渇水。

0817_2
B区間。
魚はいっぱいいて、フライに反応はするんだけど、なかなか食ってくれません。

0817_3
そんな中、瀬の中でなんとかヒットさせたヤマメ。
成魚放流ばかりなのかと思ったけど、なかなかきれいな魚体。

この後、イブニングはA区間でデカニジ狙いだったんですが、目立ったハッチもなく不発でした(涙)





8月25~26日

0825
家から1時間ほどの山の中の、とあるプール。
この時期でも結構魚影があって、中にはライズしてるやつも。

だけど、不用意に近付くとひらきの小物に走られるし、なんとか良型の射程距離に入れても、今度はフライをじっくり見られるし・・・

・・・面白いじゃないか。

0826
見釣りが大好きなもんだから思わずはまってしまって、午前中だけだけど二日連続で通っちゃった(笑)


二日目、最後の手段で沈めた秘密のフライに反応した、

0826_2
9寸ヤマメと

0826_3
泣き尺イワナ。

ドライだけで釣れれば最高だけど、フライを沈めての見釣りも、これはこれでなかなか奥が深いです。

|

« 思いがけず | トップページ | 9月の釣り風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/55554458

この記事へのトラックバック一覧です: その後の8月の釣り:

« 思いがけず | トップページ | 9月の釣り風景 »