« 竹竿作りのその後 | トップページ | 大志田ダムへ »

2013/02/01

荒削り~火入れ

Photo

竹竿作りの方は、曲がりの取りきれていないスプリット、すぐに甘くなるカンナの刃、等々と格闘しながら、なんとかここまで進みました。

先輩諸氏も書かれていますが、ここまでやってみて、節の曲がりをしっかり直すことと、カンナの刃を良い状態にしておくことがいかに大事かを痛感しましたね。
今回のは、節の処理なんか全然納得行ってないんですが、この教訓は次に生かすことにして、このまま完成まで持っていくつもりです。
とりあえず、一通りの工程を経験してみないとね。


ちなみに、
Photo_2
これがウチのオーブン。
いや、ただの電熱器に耐火レンガを乗せただけですが(笑)
でも、こんなものでも結構な高温になるようです。

ちなみに、スプリットのバインディングは、タコ糸を手で巻いています。
火入れの時はこれでも十分。
でも、接着を考えるとバインダーぐらいは作った方が良いのかな?

ま、それは追々考えることにして、来週ぐらいまでには仕上げ削りを済ませたいなぁ。

|

« 竹竿作りのその後 | トップページ | 大志田ダムへ »

コメント

おぉ!やってますね!
このオーブンは温度高そうッスね。
ホームセンターにキッチン用品でデジタル温度計があるので温度チェックしてみると良いかも。
あんまり温度が高いと炭になっちゃいますよ。バインディング外して内側を見てみましょう。
極端に強く焼けてる場合は、そこから折れる可能性が高いですよ~

投稿: GEN | 2013/02/02 08:37

>GENさん
ギクッ
・・・実は、部分的にちょっと焼きすぎちゃったかも。
このやり方だと、フレイムフィニッシュのスプリットは見た目の変化がわかりづらいんですよねぇ。
今度、温度を計ってみます。

投稿: sawase | 2013/02/02 09:45

裏側まで真っ黒になってなければ、大丈夫だと思います。
ボクが最初に作った竿は炭火で火入れしたんですが、部分的にこげ茶を通り越すくらいの色に焼けました。
で、知らずにそのまま仕上げたら見事にそこから折れました。(苦笑)

投稿: GEN | 2013/02/03 12:15

>GENさん
・・・アパート戻ったら、バインドほどいて確認してみます。
裏まで黒くなってたらどうしよう・・・(汗)

投稿: sawase | 2013/02/03 16:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/56675315

この記事へのトラックバック一覧です: 荒削り~火入れ:

« 竹竿作りのその後 | トップページ | 大志田ダムへ »