« 息子のイワナ釣り | トップページ | GW前半の釣り »

2013/04/21

花冷えの渓で

4月20日(土)

金曜の夜は用事があって盛岡に帰れなかったので、この日は盛岡に向かいながら、途中の沿岸北部の渓をパトロール。

って、ずいぶん遠回りなんだけどね(笑)

この日は先週とは打って変わって、最高気温が10度にもならないくらいの冷え込み。

できれば開けた流れでライズの釣りがしたいんだけど、この寒さでは厳しいかなぁ。


案の定、午前中に見て回った久慈川の支流群も岩泉の本流も、めぼしいライズポイントではライズなし。

お昼前、ライズ狙いをあきらめ、ここなら何とか、と期待を掛けて入った
0420
こんな安家川の支流。

0420_2
左側の大岩の際から、ようやくこんなイワナが。

0420_3
渓の周囲にはカタクリが。

これで気温が高ければ魚たちの活性も上がるんだろうけど、この日は開きや流芯からはほとんど反応はなく、イワナたちは巻き返しやトロ場の岩の際に張り付いていました。

0420_4
午後に入り直した上流部。

0420_5
やっぱり左側の岩盤に張り付いてた、まだちょっとやせてるイワナ。

04202
こちらは、同じ岩盤の際でも、落ち込みからの流れが当たる、一番良い場所についてたイワナ。
だいぶたくましい感じだけど、まだちょっと色が黒いな。


こんな感じで結構釣り上ってきたら、4月も下旬だというのになんと雪が降り始めちゃって、魚達の反応も悪くなってきたので、3時前に納竿。

期待してたライズの釣りはできなかったけど、こんなに冷え込んでも沢のイワナたちの反応は思ったほど悪くなくて、なかなか楽しめた1日でした。

来週以降はまた気温が上がるみたいだから、場所さえ間違わなければGWは爆発するところもあるかも?


最後に、連休に盛岡周辺にいらっしゃる方のために。

このあたりだと、源頭標高が1,000メートル以下で北向き斜面じゃないところ、というのが、連休までに雪代が収束する渓の目安になると思います。
沿岸方面だともうちょっと高い所でも大丈夫かな。
ま、絶対じゃないけどね(笑)

それではみなさん、良い釣りを!

|

« 息子のイワナ釣り | トップページ | GW前半の釣り »

コメント

尾っぽ切られた標識魚でしょうかね。ごく希に連続して釣れてくる事があります。
過去1匹だけブログの画像に出した事がありますが、その川では度々釣れてました。

自分も昔、腹ビレ切って調査したことがありますが、学習能力とかにもそれぞれ個性差があるようです。
切るなら腹びれにして欲しいですね、画的に。(^_^;)

投稿: あー | 2013/04/22 10:53

>あーさん
標識魚?
個体数の調査とか?
確かに、尾びれの上端が欠損したイワナ、年に何匹かは釣れますね。
自分はてっきり、イワナはフライを尾びれで叩き落す習性でもあるのかと思ってました(笑)

投稿: sawase | 2013/04/22 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/57217247

この記事へのトラックバック一覧です: 花冷えの渓で:

« 息子のイワナ釣り | トップページ | GW前半の釣り »