« 癒しの管釣 | トップページ | 荒雄川 »

2013/11/03

晩秋の十和田湖

11月2日(土)

だいぶ寒くなってきましたねぇ。

この日、盛岡では初氷を観測したとか。

寒いわけだ。


そんな中、息子と連れだって、早朝から行ってきましたよ。

Img_1053
紅葉もほぼ終わりに近づいた十和田湖。

日が射せば暖かさも感じるけど、風は相当冷たいです。

Img_1054
湖畔の遊歩道を、ヒメマスの魚影を探して歩くこと10分ほどで、今回は早々に群れを発見!

早速準備して目の前にフライを落としたら…

Img_1057
息子の初ヒメマス!
しっかりフライで釣りました。

Img_1063
午後にはルアーでも。
鱒レンジャー、意外に使えるロッドです(笑)

Img_1059_2
釣れたポイントはこんな感じ。
足もとは、高さ1メートルぐらいの護岸ですが、足もとから10メートルくらい先の掛け上がりまでの範囲に、かなりの数のヒメマスが見えています。

こんな状況なので、ルアーでもフライでも、視認性の良いパターンを使って、魚の反応を見ながら釣るのが楽しいと思います。

息子も、竿を操作してフライやルアーを魚の鼻先までもっていって反応を見る、という釣り方で、一日飽きずに遊んでいました。

Img_1066
釣果の方は、オスは当然塩焼きにするとして、メスの方は今回こんな感じでから揚げにしてみました。
こうすると、産卵期で身の痩せたメスでもそれなりに美味しく頂けます。
残ったらマリネにしても良いしね。

今回、シーズン終盤ということで、明らかに産卵後と思われるお腹が空っぽのメスもかなり混じってて、期待したイクラはちょっとしかとれませんでしたが、それでも、こういう環境で息子と一日サイトフィッシングが楽しめれば、この時期の釣りとしては言うことなしです。


P.S.
朝一の釣り始めの際、自分がクルマに荷物を取りに行ってる間に息子にヒットしてしまい、息子の「お~い」という声に急いで戻ってみたら、近くにいたルアーマンのお兄さんが、わざわざ護岸を降りてまでランディングを手伝って下さっていました。

さらに、「あっちの方にもっと魚溜まってるから、息子さんに釣らせると良いですよ」と言って、それまでその方が釣っていたポイントを譲って下さいました。

おかげさまで、一日親子で楽しく釣りができました。

この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

|

« 癒しの管釣 | トップページ | 荒雄川 »

コメント

この3連休に行きたいと思っていたのですが、家族の都合と合わずに断念しました。年間遠征スケジュールに加えておかなくては・・・是非来年こそはご一緒したいです。

投稿: へるきん | 2013/11/04 17:59

>へるきんさん
自然が相手なので、ベストな時期をつかむのはなかなか難しいです。
それでも、この時期でも釣りになることが解ったのは収穫でした。
来年は是非!

投稿: sawase | 2013/11/05 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/58508596

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の十和田湖:

« 癒しの管釣 | トップページ | 荒雄川 »