« 竹竿一本目、完成! | トップページ | 祝!解禁! 2014 »

2014/01/13

バンブーロッド教書

Photo
昨年12月、ついに完成したcaptainbambooさんフライの雑誌社の大仕事。

竹竿を使い始めて丸8年。
captainbambooさんと知り合って、一緒に釣行した際に構想をお聞きしてから4年超。
コレクションの一部を拝見してから3年。
自分で竹を削り始めて2年。

それはもう、感慨深く読ませていただきました。

良い本になりましたね。
すでに3回以上は読み返したかな(笑)

竹竿を扱った本は、国内でも過去に何冊か出ていますが、米国でスタンダードとされるアクションの解説や、かの地での大量生産品の歴史に触れた本は、今まであまりなかったんじゃないかと思います。

それだけでも興味深いけど、単なる翻訳本に終わらず、そこから発展して「我々が現代の日本でどんな竿でどんな釣りをするのか」を考えさせてくれる内容になってるのがニクい。
現役の国内ビルダーにあまり触れていないのは、あえてそうしているんでしょう。
「竹の国の釣り人たちへ。」のコピーは伊達じゃありません。
この辺はフライの雑誌社の力量でもありますね。

この本を読むと、色んな竿に触れてみたくなりますが、自分の場合はそれ以上に、次に作る竿、またその次の竿への創作意欲が膨らんできます。

自分の楽しみのためなら、どんな実験的なことだってどんどんやってみれば良い。
それを個人レベルで出来るのが竹竿の良い所。

この本は、この先何度も読み返すことになりそうです。

|

« 竹竿一本目、完成! | トップページ | 祝!解禁! 2014 »

コメント

マエストロ、暖かいお言葉をありがとうございます。大切に読んでいただき感謝申し上げます。日本のビルダーさんは北は北海道から南は九州まで素晴らしい方が数多くおられ、今やそれぞれに独自性を発揮されておられます。またマエストロがまさに実践されるように、ロッドを作る方も増えてきています。なので日本ではこうです、なんて私が言えるような状況ではありません。バンブーロッド好きには本当に堪えられないほど素晴らしい時代となりました。このような時代にこのような趣味を持てて幸せに思います。

月日が経つのは早いですね。今年こそは釣りにお伺いたいと思っております。お見せ申し上げたいロッドも何本かありますので、それを担いでまいります。
SAWASEロッドもぜひ振らせてください。マエストロのことだから、きっとああゆう感じでいい感じなんだな、と思っています。

投稿: Captainbamboo | 2014/01/13 23:50

>Captainbambooさん

すっかりご無沙汰してしまいました。

「現代はバンブーロッドの黄金期である。」
まさにその通りですね。
自分も、もっともっと楽しみたいと思います。

自分の場合は、まだまだ「作ってみた」というレベルですが、いつかは自分の釣りにマッチした「これだ」というテーパーを見つけたいと思っています。
大仕事も一段落したことですし、今年はぜひ時間を作ってこちらに遊びにいらして下さい!

投稿: sawase | 2014/01/18 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/58939499

この記事へのトラックバック一覧です: バンブーロッド教書:

« 竹竿一本目、完成! | トップページ | 祝!解禁! 2014 »