« 7月前半の釣り | トップページ | 三社大祭 »

2014/08/20

7月後半の釣り

7月21日(月・祝)

渓流ルアーで大物を追い続ける友人Aからの「でかいヤマメがいる」との情報を元に、この日は山奥の堰堤上の渓へ。


堰堤の流れ込み付近が大物の魚影が濃い、とのことだけど、
072101
こんな、どばーっとしたぶ厚い流れでは、ドライフライではちょっと厳しいねぇ。

大きい虫のハッチでもあれば別だけど、自分の腕では、岸寄りのゆるい流れで
072102
こんなイワナに遊んでもらうのが精一杯。

072103
それならば、と、ずっと上流の水量の少ない区間に移動してみたら、

072104
こちらではこんなイワナがぽんぽん。

でかいのは釣れなかったけど、この時期これだけ反応が良ければ自分的には十分満足です(←負け惜しみ)。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

7月25日(金)

仕事が早く終わった週末。

盛岡に帰る途中、高速を飛ばして赤いヤマメの川でイブニング。

7時過ぎ、ようやく始まった良い感じのライズを下流側から狙っていくと・・・

072501
なんと、全部ニジマスでした(涙)

赤いヤマメはどこにいったんでしょう?

高速代返せ~!\(*`∧´)/(←怒るのはそこじゃないだろ)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

7月26日(土)

日中はあっついし、昨日のイブニングも不発だったので、今日はイブニングでヤマメを釣るぞ!

と意気込んで、午後から閉伊川方面へ。

といっても、本流の大場所は明るいうちはライズしないので、

072601
とりあえずこんな沢へ。

この区間、たまたま竿抜けだったみたいで、
072602
こんなイワナが何尾か、教科書どおりのポイントから素直に反応してくれました。

さて、本題のイブニング。
072603
過去に実績のあるプールでライズを待ちますが、これがなかなか始まらない。

暗くなる直前、ようやく小物っぽいライズが始まるも、良型はぜんぜんライズしません。

これはドライでは厳しいな、と、目に付いたヒラタを意識した黄色いソフトハックルをライズに流し込むと・・・

ゴン!

ググッ!

ブチッ!(涙)


・・・しばらく立ち直れないかも。

|

« 7月前半の釣り | トップページ | 三社大祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/60166294

この記事へのトラックバック一覧です: 7月後半の釣り:

« 7月前半の釣り | トップページ | 三社大祭 »