« 続・ライズを求めて | トップページ | 山と河が僕の仕事場 »

2015/11/23

ライズを求めて・最終章

11月22日(日)

荒雄川の特別遊漁区域も今月いっぱいでおしまい。

前回、ライズしてるニジマスを掛けたものの、ティペットをぶっちぎられてイマイチ不完全燃焼。

来週は月末で行けそうもないし、これは今日行っとかないとマズイでしょう?

Photo
というわけで、またまたやって来ました荒雄川。

が、天気は良いんだけど、途中の峠の温度計は氷点下。寒い!

そのせいか、朝イチは見えてる魚もなんか活性低い?

ライズどころか、ニンフを何回も鼻先に流し込んでるのに、まったく口を使ってくれません。

この後は上流部の様子も見てまわりましたが、これまで実績のあるポイントもどこも同じような状況。

これは、日が高くなって水温が上がらないと厳しいかもなぁ。

Photo_2
というわけで、早めのお昼をとって仕切り直し。
天気は良いし、これでライズがあったら最高なんだけどな。

Photo_3
午後、朝イチのポイントは満員だったので、そのちょっと上流部。

良い時にはここも岸際の緩い流れでライズするんだよなぁ、と思いながらしばらく観察していたら、水面から口先だけが「ぬるん」と出る、静かなライズを発見!

ちょうどその頃#20ほどのメイフライが飛び出したので、多分これを食ってるんだな。

ということでそれっぽいフライをダウンクロスで流し込んだら・・・

Photo_4
出た!

サイズは40ぐらい、体型もちょっとスリムですが、なかなかのファイター。

流芯に入って流れを下ったり、かと思えば上流に走ったりと意外に手こずらされたけど、今回はティペットもシーガーGM鮎の0.5号を準備してたので余裕のやり取りでした。

いやぁ、このライズがとれただけでも来た甲斐があったなぁ。

Photo_5
この後、ライズが再開しないかとしばらく待ってみましたが、その後はハッチもライズもなし。

そうこうするうちに日が傾き始め、だいぶ寒くなってました。

名残惜しいけど、荒雄川のセカンドシーズンもこれにて終了。

数は出なかったけど、最後をライズの釣りで締めくくることができたし、なかなか悪くないシーズンでした。

P.S.
この日は花巻のLittle Fieldさんがいらしてて、昼飯を食べながらしばし竹竿&釣り場談義。
来シーズン、またご一緒しましょうね。


|

« 続・ライズを求めて | トップページ | 山と河が僕の仕事場 »

コメント

お久しぶりです。
今年の荒雄はハッチが少なくてちょっと残念でしたが、そのちょっとをたっぷりと楽しまれたようですね。
これぞライズゲームの醍醐味ですよね。
さて画像の魚、私も20番で釣ってこれはちょっと面白いかなと思いましたのでブログでリンクさせていただけないでしょうか?
宜しくどうぞ

投稿: あー | 2015/12/03 11:18

>あーさん

どうもです!

リンクの件、了解です。

確かに今年はサイト&ライズ狙いだと厳しかったですね~
その分熱くなって通ってしまいました(笑)

画像拝見しました。
確かに同じ魚かも?
逆に言うと、この子意外はあまり水面に興味なかったのかな?

投稿: sawase | 2015/12/06 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/62734194

この記事へのトラックバック一覧です: ライズを求めて・最終章:

« 続・ライズを求めて | トップページ | 山と河が僕の仕事場 »