« ライズを求めて | トップページ | ライズを求めて・最終章 »

2015/11/04

続・ライズを求めて

11月1日(日)

前回以来、ライズを繰り返すニジマスの映像が頭から離れず・・・

次に行けるのは11月下旬かなぁ、と思っていたら、この日は急遽フリーに。

幸い天気も良さそうだし、これは行くしかないっしょ。

02
ってなわけで、今週も荒雄川C&R区間。

うん、良い天気だ。

01
今日も朝イチはここから。

ライズはないし、前回はライズにこだわった結果ボウズだったので、とりあえずニンフを沈めて。

03
サイズは50センチ弱だけど、この太さにこの綺麗なヒレ。
強いです。

04
こちらは50センチとちょっと。
自分としては荒雄のニジマスの最大記録。
重かった~。

この後、同じようなサイズをもう一尾掛け(足元まで寄せてからバラしちゃったけど)、ニンフの釣りにはとりあえず満足。

さ、ライズを探すぞ。

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・ライズ、ありません(涙)

いや、正確には、前回すっぽ抜けを連発したポイントでライズを見つけたんですが、今回もまたすっぽ抜けてジ・エンド(号泣)

日中の上流部では、これ以外にはほんとにただの一度もライズを見ることはありませんでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夕方、魚影が確実な朝イチのポイントへ再度。

だいぶ陽が傾いた頃、ようやくライズが始まり、とりあえず手前のおとなしそうなライズにユスリカのスペントパターンを流し込むと・・・

あれ?この引きは子ニジ?
と思ったら、なんと20センチぐらいのイワナ君(禁漁期間なので即リリース)。

次は、あのブッシュ際の渋いライズ。

数投目、フライ着水と同時にでかい頭が水面から「もこん」と。

おお、これは間違いなく40クラスのニジマスの引き!

これはブッシュに潜られると厄介だな、と、魚の走りを強引に止めにかかったら、6Xティペットが「ブチッ」と(涙)。

でも、良いんだ。フライは食わせたからね。
ファイトも味わえたし。(←はい、負け惜しみです。)

・・・またリベンジしに行かなきゃ。

|

« ライズを求めて | トップページ | ライズを求めて・最終章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50065/62611310

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ライズを求めて:

« ライズを求めて | トップページ | ライズを求めて・最終章 »